« 谷中五重塔 | トップページ | いつから? »

2008年3月15日 (土)

アートブリック

002 001

上の2枚は早大文学部33号館玄関ホールにある開口部にガラスが入っている写真です。これを、ある人は岩田工芸硝子の作品であると言っていますが、違います。

Photo

上図は村野藤吾の書いた図面です。縮小でよく見えませんが、各務クリスタルアートブリックと材料の指定がされています。

002_2001_2

各務クリスタルのカタログにはちゃんと「アートブリック」という商品名の製品が掲載されていました。つまり、早大文学部のロビーに取り付けられている硝子は各務クリスタル製の一般的な市販品だということです。この硝子はいわゆる中空ブロック(ガラスブロック)よりも数段高価で、建物の玄関まわりにいわばアクセントとしてよく使われていましたが、昭和60年に生産中止してしまいました。現在でも、昭和30~40年代に建てられたビルの玄関に使われているのを見ることができます。この硝子は工業製品なのですが、手作り感をだすために、工夫がなされていました。またどうのように施行されていたのかなどは、またの機会にします。

« 谷中五重塔 | トップページ | いつから? »

硝子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 谷中五重塔 | トップページ | いつから? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ