« 群馬音楽センター | トップページ | 峰定寺参詣 »

2008年5月 4日 (日)

三都旅行

5月3日4日と旅行をしてきました。行程は

  • 5月3日 京都→出町柳
  • 10時発 京都バス 広河原行き
  • 12時30分 大悲山口 着 30分ほど歩いて
  • 峰定寺 着 本堂、宝物館を拝観
  • また30分ほど歩き、バスで鞍馬に着
  • 叡山電鉄で出町柳着 午後4時
  • 奈良に宿泊
  • 5月4日 奈良町を朝散策
  • 興福寺北円堂拝観
  • 大阪天王寺へ 大阪市立美術館へ
  • JRで京都へ
  • 大将軍八神社で神像拝観 ついでに北野天満宮へ
  • 金戒光明寺へ 御影堂で渡海文殊拝観
  • ついでに、平安神宮拝観
  • 琵琶湖疎水インクラインを見る。
  • 蹴上より京都駅へ

Photo 今回もいそがしく歩きました。まず峰定寺ですが、バスが予定より1時間も遅れて、着きました。車がやっと通れる山道で、大型バスが走るのですから、事故があるとすぐストップ。峠の途中で20分ほど休憩までありました。でも、峰定寺はそんな苦労を吹き飛ばすほどのお寺でした。次回は車で行って、門前の美山荘で山菜料理を喰いたいな。

 

 

 

Photo_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_2 大将軍八神社は、町の中にある小さな神社で、境内で縁日をしていました。収蔵庫にある神像79躯はさすがに圧巻です。

 

 

 

 

 

Photo_3 金戒光明寺の渡海文殊は例の因縁ある仏像ですが、修理が終わってお寺にもどって拝観することができましたが、なんと、欠落していた、眷属の善財童子がいつのまにか復元されていました。まあ、5躯そろわないと渡海文殊とはいえないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_6

 

 

 

 

 

 

Photo_4

インクラインとは、水路のことと思っていました。今回はじめて、琵琶湖疎水記念館を見てきました。水路閣というローマの水道のようなレンガ造の水路橋を見たかったのですが、今回はオアヅケです。

« 群馬音楽センター | トップページ | 峰定寺参詣 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

先輩! 今回もまた、ハードな行程でしたね。
10時に京都駅発ということは、東京駅は??時?
峰定寺のご本尊、檀像の十一面観音坐像は奈良博や京博で何回かお目にかかっていますが、今はもうお帰りになっているのでしょうか。
黒谷は昔、先輩に案内していただきましたよね。
インクラインは鉄っちゃんのはしくれとして見ていないのが恥ずかしいですが、水路閣は南禅寺の境内でアーチを見上げたことが何回かあります。
鉄道模型のレンガのウェザリングに参考になりそうな風景でした。

今回は、朝一番の新幹線ではなく、3番目くらいでした。何で「インクライン」というのかいまだにわかりません。たんに、船をはこんだケーブルカーなのにね。琵琶湖疎水記念館には書いてなかったよなあ。それにしても、明治時代の機械技術はすごいものがあります。現在のように、機械が機械を作るのではなく、機械を人力で作りあげることが、本当の技術なのかな、とおもいます。
私(田邊朔郎)は大学を卒業したばかりの技術屋でした。公園で銅像になっています。
ところで、日本最初の京都市電が、平安神宮の庭園にあるのをご存知ですか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 群馬音楽センター | トップページ | 峰定寺参詣 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ