« 奈良伊賀甲賀旅行 | トップページ | 奈良の夜景 »

2008年7月16日 (水)

快慶

今回の旅行の前後に、快慶作の仏像にいくつかお目にかかりました。まず、旅行前に東京国立博物館で見た、東大寺の地蔵菩薩立像です。まあ典型的な快慶盛期の仏像でしょう。

PhotoPhoto_2  

旅行でまず快慶を見たのは、京都国立博物館の平常陳列にあった、松尾寺の阿弥陀如来坐像でした。制作年は不明ですが、おそらく無位時代のものでしょう。

そして、奈良では、東大寺南大門の仁王です。これはただすごいとしかいいようもなく、快慶らしさをさがしようもありません。奈良国立博物館では、東大寺西大門額の四天王立像ですが、これは、よくわかりません。

 

 

 

 

 

Photo_3Photo_4 大津市歴史博物館の『石山寺と湖南の仏像』展では、目玉というべき、石山寺の大日如来坐像を見ることができました。快慶初期の作品としては典型的なものでしょう。同じ、展覧会に円福院の釈迦如来坐像がありました。カタログによると、“アン”の銘はあるものの後筆で、快慶ではないとしていますが、作風はあきらかに快慶風です。簡単に、時代が下がるとはいえないような気がしました。正寿院の不動明王坐像もありました。

この展覧会は、100件近くの仏像が展示されており、塑像・塼仏から、乾漆像、また、飛鳥時代の金銅仏から中国・朝鮮の仏像まで、日本でも奈良時代の蔵王権現像の心木から、鎌倉江戸時代まで、像容では、裸形阿弥陀、善光寺式、神像、懸仏などありとあらゆる仏像のオンパレードでした。おもに滋賀県内及びその周辺から集めた仏像なのに、これだけバリエーションに富んでいるのは、いかに仏像が残っているかということなのでしょう。とくに、いわゆる平安中期の仏像がこんなにも見られたのは収穫でした。もっと、時代の性格なり作風を調べるサンプルが増えると、平安中期という時代がなんとなくわかってくるのかな、とおもいます。

Photo_5 もうひとつ、快慶作で、新大仏寺の盧舎那仏坐像を見てきました。これは、修理後に京都国立博物館でしばらく展示していたのですが、今はお寺にもどってきています。収蔵庫の1階には、石造の台座が置かれ、2階に盧舎那仏が安置されていました。快慶作は頭部のみですが、金箔が貼られて、彩色がほどこされてしまったために、修理前のような快慶らしさがなくなってしまったような気がします。ちょっと快慶と想像がつかなくなりました。このお寺の住職には、どうぞ写真を撮ってください。といっていただきました。ありがたいことです。

さらに、もうひとつ、いつも自宅の便所で見ているのは、去年の「奈良大和路」のポスターの仏像である、安倍文殊院の文殊菩薩像です。これは、毎日見ていても、快慶らしさが薄いのです。いつもウーンとうなっています。

« 奈良伊賀甲賀旅行 | トップページ | 奈良の夜景 »

仏像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良伊賀甲賀旅行 | トップページ | 奈良の夜景 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ