« 仏谷寺伝虚空蔵菩薩立像 | トップページ | JR大社駅 »

2008年11月29日 (土)

『運慶流』展

PhotoPhoto_2 山口県立美術館の『運慶流』展は、カタログに載っている仏像が33件です。実際は、佐賀県立美術館でのみ出品するものもあるので、30件ほどだったでしょうか。ほとんどが、ガラスケースに入っていない生で見られるようにしてありました。おまけに、目の高さに展示してあり、およそ30㎝ほどの距離で生で見られるというのは、観覧者にとって非常にありがたいのですが、逆にあまりに顔を近づけることができるので、セキュリティは大丈夫なのか心配になるほどでした。

展示はいわゆる慶派の流れの中で、特に康慶からの系譜をたどった展覧会です。鎌倉時代以降の仏像の展覧会は2・3年前の『宿院仏師』展以来でしたが、特に南北朝時代を取り上げたのは初めてではないかとおもいます。

これで、鎌倉時代以降の仏像史をある程度整理できるようになったとおもいます。しかも、仏像は九州の作品を主とし、関西の仏像も含めて、広い範囲からの出品で、一地方の美術館としては、実に意欲的な作品の展示だったとおもいます。しかし、おしむらくは、もっと作品を出してもらいたかったというところですが、これが、地方美術館の限界か、あるいは、このようなテーマの展覧会は国立博物館のやるべき展覧会かとも思います。それにしても、よく企画した展覧会だとおもいます。

その中で、注目は二人の康俊です。展覧会では、「南都大仏師」と「東寺大仏師」とに分けていますが、今まで、康俊は二人いるとはわからなかった仏師です。

そのうちの康俊(東寺大仏師)の作品が数点ありましたが、よく見ると、これが南北朝の仏像かと思われるほど、実にできのいい作品です。技術のよさがきわだっています。時代が下がるといわゆるプロポーションがくずれて、形式化がはじまるのですが、形の破綻が見られません。相当の技量を持った仏師と見ました。

それにしても、山口県所在の仏像が一体もありません。それなのに、何故、山口県立美術館なのかわかりません。地元の見学者はそれに違和感をおぼえていないところを見ると、山口県人はじつに、グローバルな感覚の持ち主なのかなあ、とおもいます。

« 仏谷寺伝虚空蔵菩薩立像 | トップページ | JR大社駅 »

仏像」カテゴリの記事

コメント

なかなか意欲的で、興味深い展覧会のようですが、
副題の蒙古襲来というのがよく分かりません。
蒙古撃退の祈願仏というのは当時結構造られて、鎌倉の国宝館
にもでていた気もするのですが、違ったかもしれません。
運慶流ーこれも分かったような分からない言葉ですが、と特に
関連があるのでしょうか。

「運慶流」ということばは、今回の展覧会用の造語だそうです。「慶派」というと、安阿弥様もいれなければならないので、「運慶之一流」からとったそうです。
蒙古襲来は、ちょうどその頃の造像に当たる仏像と、九州の仏像であるということで、何かの関係を提示しようとしたようですが、そのための資料が展示されていません。また、仏像の見た感じで、戦勝祈願のための仏像だといわれても、ちょっとピンときませんでした。
むしろ、純粋に、鎌倉時代末期から南北朝時代の仏像の流れを示してくれたのがよかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仏谷寺伝虚空蔵菩薩立像 | トップページ | JR大社駅 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ