« 時代区分 | トップページ | ステンドグラス »

2009年1月12日 (月)

佐賀熊本旅行

1月10日・11日と佐賀熊本旅行を敢行しました。雪がときどき舞う寒さの中、予想以上の成果でした。いつものように強行軍の旅程は以下の通りです。

10日

  • 福岡空港→博多→佐賀
  • 佐賀県立美術館・・・「運慶流展」山口県立美術館とダブってしまいました。
  • 佐賀城本丸御殿・・・復元した木造の建物
  • 大隈記念館・大隈家住宅・・・記念館は今井兼次の設計。色ガラスが嵌っていました。
  • 佐賀市歴史民俗館・・・といっても、古い建物群で、とくに旧古賀銀行は内部がすばらしい。
  • 佐賀→鳥栖→玉名
  • 石貫穴観音横穴群・・・石室の奧の壁に清水寺式千手観音が彫られている。
  • 石貫ナギノ横穴群・・・すぐ近くの装飾古墳群
  • 玉名市歴史博物館→熊本

11日

  • 熊本城・・・宇土櫓→天守閣→本丸御殿→平櫓群→飯田丸五階櫓
  • 熊本県立美術館→熊本博物館→旧細川刑部邸→
  • 熊本大学五高記念館・・・他にも煉瓦造の重文の建物が2棟ある。
  • 水前寺成趣園→夏目漱石旧居→
  • ジェーンズ邸・・・色ガラスの嵌っているドアがある。
  • 熊本県立図書館→鶴屋→阿蘇くまもと空港

今回は、運慶流展がダブったので、石貫穴観音の千手観音像がメインの目的となりましたが、いままで、このブログで書いていた仏像以外の分野で、新しい出会いがいろいろありました。

Photo 佐賀城本丸御殿の内部です。これは復元の建物ですが、ちゃんと資料にもとづいて木造で造られています。お城というとまず天守閣の復元ですが、佐賀の場合は御殿からというのがいいですね。

 

 

 

 

 

 

Photo_2 大隈記念館へは、ほんとに偶々行ったのですが、なんとこの建物は今井兼次の設計で、しかも、ステンドガラス風の色ガラスを使った建物です。なかなかおもしろい建物でした。

 

 

 

 

 

 

Photo_3 佐賀駅にもどる道すがら、佐賀市歴史民俗館へ行きました。ところが、民俗館とは、建物群の総称で、入場料もなし、旧古賀銀行の洋館の内部は浪漫座というレストランになっていました。おまけに、ピアノの生演奏付です。

 

 

 

 

 

 

Photo_4 石貫穴観音横穴群は山の中腹のところに5ヵ所の横穴があり、正面3ヵ所の中央に千手観音が彫られています。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_5 これも復元された、熊本城本丸御殿です。規模は佐賀城よりずっと大きいです。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_6熊本城は櫓や塀の復元もすこしずつ行われているようで、単なる史跡ではなく、昔のお城の様子が想像できるようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_7 熊本大学の校内は広くてゆったりとしています。東京の大学のキャンパスがいかにせせこましいかがわかります。

旧五高の校舎です。五高の卒業者で有名人を見てみたら、池田勇人、佐藤栄作、そして、美術史界?では、福山敏男が卒業生だそうです。

 

 

 

 

 

Photo_8 熊本洋学校教師ジェーンズ邸という洋館がありました。明治4年着工ですから、洋館としてはかなり初期のものです。入口のドアに色ガラスが嵌っていましたが、何枚かは補修されています。当初のものかは定かではありません。

そんなこんなで、仏像ばかりでなく、お城、復元建物、近代個人住宅、洋館、古ガラス、ステンドグラス、とテンコもりの2日間でした。

疲れた。整理が大変だ。

« 時代区分 | トップページ | ステンドグラス »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 時代区分 | トップページ | ステンドグラス »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ