« 阿修羅展 | トップページ | 文京区散策 »

2009年4月 3日 (金)

華原磬

阿修羅展には、仏像の他に法隆寺の橘夫人念持仏と厨子も展示されていました。何でとおもったら、八部衆像と十大弟子像は、光明皇后が母、橘三千代の一周忌供養のために造像したものという、理由で出品したようです。

Photo その他に華原磬が展示してありました。それに、最近発見されたと話題づくりになった、波羅門像がありました。この像は頭部を輪切りにして、その継面から天正五年(1577)源三郎の銘が発見されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_2Photo_3

『七大寺巡礼私記』によると、当時、西金堂の正面の壇の下にあって、金皷の傍らに波羅門像が撞木を執って金皷を打つ姿勢をしていた。 と書かれています。

また、この像容は、金光明最勝王経 巻第二 夢見金皷懺悔品第四(大正蔵 第16巻) に妙幢菩薩が夢に大金皷を見て、波羅門が金皷を打つと大音聲がした。 とあるのを再現したのではないか、といわれています。

とすると、今は桃山時代の波羅門像ですが、西金堂創建当初にあった、金皷は当然波羅門像もあったはずです。しかも、金光明最勝王経に忠実に再現するならば、単なる彫刻ではなく、ひょっとしたら、ゼンマイ仕掛の人形で、自動的に波羅門が撞木で金皷を打ったのではないか、とおもったりして。

単なるオブジェとして置いてあったとしたら、この金皷は打つこともしなかっただろうとおもいます。

さて、以前とあるブログに”華原磬クイズ”を投稿してみました。その時の正解率は50%でした。あなたは、どうでしょうか?

華原磬クイズ!!
第1問、華原磬には4匹の竜がありますが、雌雄の区別は何でわかるのでしょう?
第2問、中心上部に台のようなのがありますが、そこには何があったのでしょう?
第3問、一時期、華原磬は鎌倉時代の作という説がありましたが、何の根拠でそういわれたのでしょう?
第4問、竜はなぜ皆、口を開けているのでしょう?

答えはブログ『時のあかしに』「興福寺のこと」に掲載しています。

阿修羅展の解説をみると、第3問は、また、別の解釈がでてきて、ちがった回答になってしまったようですが、とりあえず参照してください。

« 阿修羅展 | トップページ | 文京区散策 »

工芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阿修羅展 | トップページ | 文京区散策 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ