« 無眼 | トップページ | 製本(2) »

2009年6月22日 (月)

日吉館の取り壊し

Photo 今日(22日)から、日吉館の取り壊しが始まるという記事があったそうです。地方版とはいえ、建物が取り壊されるだけで、記事なるというのは、すごいことだなあ、と改めて日吉館の偉大さを感じることとなりました。それだけ、多くの人の思い入れがある旅館だったのでしょう。単なる建物という箱ではなく、そこに詰まった思いこそが、真の文化財としての価値なのでしょう。

日吉館の思い出の写真をさがしていたところ、拓本の写真が見つかりました。日吉館に泊まった人ならば、よく思い出せばわかるかもしれません。

 

 

Photo_2 それが1階にあったのか、記憶にありませんが、拓本をちりばめて貼り付けた屏風がありました。何回か泊まるうちにそれが気になってしかたがありませんでした。そして、そのうちのいくつかを写真にとりました。どうも、鏡、画像石の拓本のようでした。その中で、文袮麻呂墓誌の拓本がありました。その当時おそらくそれがどういうものか知っていたので、写真を撮ったのでしょう。

あいにくと、全体の写真がありませんので、思い出していただけるかわかりませんが、何気ないところに、大変なものがあったような気がします。

前回のブログで、友人が日吉館で手伝いをしていた、と書きました。彼は、サークルの合宿のとき、その世話役をしている様子が、おばさんに気に入られ、彼が、大学卒業の時に、学生時代の思い出にと、日吉館で、1ヶ月程手伝いをしていました。就職先が大阪だったので、就職してからも、ちょくちょく出入りしていたようです。結婚して、新居を奈良に決めてからも、ずっと出入りをしていたようです。彼は、それで日吉館の内情を熟知していました。彼の言うには、日吉館で出されるすきやきの肉は相当質のいい肉だったそうです。彼いはく、これで採算がとれるのかわからない、といっていました。

Photo_3 その彼が結婚するとき、おばさんは、東大寺大仏蓮弁の拓本をお祝いに贈りました。彼はそれを大切に飾っていました。

その友人は、数年前突然、彼岸へと旅立ちました。暇になったら、昔話に花を咲かせようとした時期でした。日吉館の話ももう聞けなくなりました。

日吉館は木造の建物なので、1週間もすれば、きれいに更地になっていることでしょう。そうなっても、記憶には、しっかりと焼き付けておきましょう。本当の文化財としての価値はそれぞれの頭の中にあるのですから。

« 無眼 | トップページ | 製本(2) »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無眼 | トップページ | 製本(2) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ