« 旧土岐邸洋館 | トップページ | 日吉館の取り壊し »

2009年6月17日 (水)

無眼

仏像の形状を記述するとき、普通、眼の記述では、“彫眼”と“玉眼”という言葉を使います。しかし、眼の形状を表すのに、どうもその2つの分類に、こだわってしまっているように思います。いはば、玉眼でなければ、彫眼と記述しておけば、無難な表現であろうと思ってしまうのは当然だろうと思います。

Photo しかし、眼のない仏像は厳然として存在するのです。大阪府堺市の太平寺の阿弥陀如来坐像は明らかに、瞼を彫っていません。以前掲載した、長野県の大法寺の十一面観音立像は眼球のふくらみの下に線が入っていました。これを眼を閉じた瞼と解釈しようとした人がいました。しかし、閉じた瞼の線はそんなに下につくはずはありません。この太平寺像にいたっては、眼球のふくらみをあらわしてはいますが、下に線ははいっていません。眼を閉じた表現とするには、明らかに無理があります。

彫眼とは、眼の瞼を彫ることによって、眼の表現をしている形状を言うのであって、瞼を彫っていなければ、彫眼という定義にあてはまりません。

それでは、瞼を彫っていなくて、仮に筆で眼を描いたら、これは何と言ったらいいのでしょう。いままで、私の見た経験から言うと、後補で眼を描いている彫刻はありましたが、瞼を彫っていなくて、眼を描いている仏像を見たことはありません。

これは、眼のない仏像に、後補で眼を描いた例でしょう。もともと眼のない仏像でも、後世に眼を彫る可能性もあるので、注意が必要でしょう。

それで、仏像の形状の記述に、このような眼のない形状を表す“無眼”という用語を用いることを提唱したいと思います。“玉眼”、“彫眼”、“無眼”と3種類の眼の形状についての用語を用いれば、より正確な記述となることでしょう。

Photo 神像には、この“無眼”の像が多くあります。その中にはあきらかに未完成像もあります。また、神像固有の単純化した彫出方法で、眼を彫っていないように見えるのもあります。

この辺は、鉈彫像もふくめて、充分に精査する必要があるかもしれません。

いまのところは、せっせとサンプルを集めなくてはいけませんが、写真ではその表現がわからないことがあります。できるだけ現物に接しなければと思うのですが、なかなか・・・・

« 旧土岐邸洋館 | トップページ | 日吉館の取り壊し »

仏像」カテゴリの記事

コメント

眼の表現の無い仏像、神像、結構見受けられますね。
開眼というくらいですから、仏像にとって決定的に重要なコトをあえて省くのは、重大な意義があるのでしょう。
高崎のダルマでは、願い事が叶うと眼をいれますが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧土岐邸洋館 | トップページ | 日吉館の取り壊し »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ