« 伊勢神宮と神々の美術 | トップページ | 鶏足寺兜跋毘沙門天立像から »

2009年7月31日 (金)

京都・清凉寺木造毘沙門天坐像

Photo 今日発売の『佛教藝術』305号に奧健夫氏執筆の「京都・清凉寺木造毘沙門天坐像」という論文が掲載されていました。この仏像は今年、新しく重要文化財に指定された仏像で、その解説です。

私がこの論文に注目したのは、この像は明らかに世間で流布している“踏下像”なのに、奧氏は“坐像”と表現していることです。しかも、その形状の記述では、「正面し左足垂下、右足は膝を外に張り踵を腹下に引き付けて坐る。」として、「踏み下げる」という言葉を使っていないことです。

同じ文化庁の人が書いたと思われる『月刊文化財』549号では、新指定の文化財の解説に、「左足を踏み下げて坐る毘沙門天の像」と書いています。

 

 

 

 

Photo_2 奧健夫氏は、どうも“踏下像”あるいは“踏み下げる”という言葉を意識して使わないようにしているようです。奧氏の他の論文「清雲寺藏 観音菩薩坐像」『國華』1288号でも、「右膝を立てて右手を置き、左足は垂下させ、左手をついてくつろいだ坐勢を示す。」と記述しています。

奧氏の論文では、このように、足を垂下させるという、ごく当たり前の表現を用いていて、実に違和感なく読める書き方をしています。

私が以前、このブログで書いたように、わざわざ“踏み下げる”といった広辞苑にも載っていない用語を使わなくても、“足を垂下する”で充分に表現できるのです。

奧氏は私がブログで書いた以前から、そのような表現を採用していたのでしょうが、私としても、同様な考えをもつ学者がいたことを心強く思います。

しかし、一点、この仏像を“坐像”と表現するのはいかがなものかとおもいます。“踏下像”を使いたくないので、代わりに“坐像”としたというのでは、能がなさすぎます。

いわゆる“坐像”とは、結跏趺坐のように、一般的には、足を下に垂下しない坐勢をいうのであって、片足垂下像まで、坐像の範疇にいれるのは、ちょっと無理があります。何のために“半跏像”“倚像”という表現方法があるのかが問われてしまいます。

現に国宝の宝菩提院像は、文化財保護法に基づく指定文化財名称で「菩薩半跏像」になっています。それなのに、今回指定した清凉寺像は「木造毘沙門天坐像」です。整合性がとれていません。

文化庁はこういう指定名称の用語の統一を何故しないのでしょう。一度指定しまうと、それが、現実と違ってもなかなか修正できないのが公文書のようです。でも、違った眼から見ればそれは、行政が硬直化しているとしか見えません。しっかりとした仕組みを構築するとともに、結果責任をもってほしいとおもいます。

このところ、“踏下像”あるいは、“踏み下げる”という記述をしている論文が出るのを手ぐすね引いて待っています。もしそのような論文が出たら、“踏み下げるって一体何を踏んでるの?”とツッコミを入れましょう。

その答えが“それは空を踏んでいるのです。”とでも答えたら、それは仏教の深大な思想を理解している人間だと見ていいのかな。いやもっといいボケがあると思うのですが、いまのところ浮かびません。

« 伊勢神宮と神々の美術 | トップページ | 鶏足寺兜跋毘沙門天立像から »

仏像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊勢神宮と神々の美術 | トップページ | 鶏足寺兜跋毘沙門天立像から »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ