« 国会図書館の本ネット公開構想 | トップページ | 仏像盗難の顛末 »

2009年8月30日 (日)

総選挙

Photo  総選挙です。あまり政治的な話題は好きではありませんが、役人の質の低下には、何度か言及させていただきました。それは、所謂公務につく人間に『権力』とは何かについての認識がないというか、公務員になった時に『権力』の行使についての教育がなされていないのではないかという疑問があったからです。
どんなに下っ端の公務員であっても、国民に対して『権力』を行使できる地位にあるという認識が感じられないのです。ただ上司から言われて仕事をしていることが、何で権力の行使かということがわかっていないのです。下っ端の役人は高級官僚と違って、単なる労働者で、権力なんて行使したこともないと思っているのです。
しかし、全然権力のない国民にとって、役人はどんな下っ端でも、権力の行使者にかわりはないのです。国民は役人を選べないのです。
 今度の選挙では、自民党が自ら政権という権力を握っているのに、『権力』の行使に対する謙虚さをまるで忘れてしまっていて、自らの保身に奔走しています。
自ら権力を握っている人間は、他からの批判には真摯に受け止める度量がなければなりません。そして、誠実にその批判に対して、説明して説得する責任があります。
そして、失政に対しては、しっかりとした責任をとるべきです。
すくなとも、権力者は他を批判して、責任をなすりつけてはいけません。それも、含めて失政の責任なのですから。
Photo_2 民主党のマニフェストは、選挙公示後すぐに手に入ったのに、2・3日前にやっと、自民党のマニフェストが手にはいりました。ところが、その日、郵便ポストに入っていたのは、自民党のネガティブキャンペーンのチラシでした。それと同時に自民党の小選挙区の候補者の選挙用葉書が入っていたので、単なる反対陣営の怪文書ではありません。
今日の朝刊には、自民党の全面広告がありました。これも、民主党を攻撃するキャンペーンであることは、ひと目でわかりました。
もう、これで、決まりです。自民党は明らかに権力を捨てています。当の自民党はわかっていないのでしょうが、政権党は、その前の選挙に出したマニフェストの評価をした上で、これからのビジョンを示すのがマニフェストなはずです。いままでの成果を強調しないで、他政党の非難をするのは、政権政党のすることではありません。

Photo_3 政権政党がこんな下品なみっともない状態になってしまったのでは、結果は見えてしまいます。候補者はどんなにえげつなくても、当選すれば、すべてが消え去るとでも思っているのでしょうか。もうそんな時代ではありません。下品な人は当選しても下品です。
このブログは投票締め切りの前に書いています。きっと開票がはじまれば、予想どおりの結果になるでしょう。ネガティブキャンペーンでゆれもどしは今回はないような気がします。明らかに自民党は直前戦略の失敗です。

« 国会図書館の本ネット公開構想 | トップページ | 仏像盗難の顛末 »

思考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国会図書館の本ネット公開構想 | トップページ | 仏像盗難の顛末 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ