« 日吉神社(赤後寺)菩薩立像 | トップページ | 腰布考(その1) »

2009年12月 6日 (日)

「善光寺式阿弥陀および脇侍像現存作例一覧概要」補遺

307  最新の『佛教藝術』307号は善光寺如来特集です。これは今年善光寺の前立本尊御開帳の年で、展覧会などさまざまなイベントがありました。これを受けての特集です。

そのなかに、古幡昇子氏の「善光寺式阿弥陀および脇侍像現存作例一覧概要」という、善光寺式仏像のリストがありました。

この手の善光寺如来リストは『國華』866号(1964年5月)、『佛教藝術』82号(1971年10月)、小林計一郎『善光寺史研究』(2000年5月)とその採録数が増えていきましたが、どうも、その採録方法に難があり、リストに載っていながら、実際には存在しないといった、そのリストの信頼性に問題が多くありました。とくに『佛教藝術』のたなかしげひさ氏のリスト、『善光寺史研究』の小林計一郎氏のリストは文献から採録したり、寺へのアンケートで調査したりといった、実際に自ら見たものではないのも含まれていました。

別に、全て実物に当たらないとリストに挙げてはいけないということではなく、すくなくとも再検証の担保できる資料からの採録でなければ、その信頼性に疑問がでてきてしまいます。

今回のリストも、どうもその手の二次資料が入っているようです。こういった資料は他の手段で検証してみるべきでしょう。

そんなで、私がいままで入力してきたデータから、善光寺式仏像の写真・解説のある書籍・雑誌をリストしてみました。その中で、この『佛教藝術』のリストにない仏像、リストにありながら、法量などの記載のない仏像(後尾に*をつけたもの)を挙げてみました。

善光寺式如来作例補遺
岩手県・花巻市 高橋二郎 22.0 19.5 19.5 銅造    
佐藤瑞圭「1,市内の仏像について/八躰佛 金銅製五躰 高橋二郎 」 『花巻市文化財調査報告書 第十集』 1984年3月25日 花巻市教育委員会 1p~3p
岩手県・北上市 新山神社     34.0 銅造 鎌倉 市指定
「菩薩像 北上市更木町新山神社 」 『きたかみの古仏』北上川流域の自然と文化シリーズ(13) 1991年3月20日 北上市立博物館 23p~23p
秋田県・由利本庄市 長禅寺 7.0     木造 近代  
「13,長禅寺/4,善光寺三尊立像(84) 」 『本荘の神仏像』本荘市史神社仏閣調査報告書 1998年3月31日 本荘市史編さん室 77p~77p
福島県・白河市     16.9 銅造 室町    
原田文六郎「第一編 文化 第一章 美術・工芸 第二節 彫刻/銅造菩薩立像 関山 」 『白河市史 第10巻 各論編2 文化・旧町村沿革・人物』 1992年3月31日 福島県白河市 100p~101p
福島県・東和町 土屋栄作 39.6     銅造 鎌倉  
「3,銅造阿弥陀如来立像 土屋栄作蔵 」 『福島の佛像展~安達・田村地方~』 1974年9月0日 福島県文化センター
福島県・鹿島町 阿弥陀寺 43.0 34.5   銅造    
石原敬彦「第四編 仏像・仏画・工芸品 第一章 仏像 第二節 鹿島町内の仏像/8,善光寺式程見如来立像 阿弥陀寺 」 『鹿島町史 第3巻 資料篇2 原始・古代・中世』 1999年3月10日 鹿島町 906p~907p
茨城県・古河市 大善寺 44.5     銅造 鎌倉  
峯照男「1銅造阿弥陀如来立像 上片田・大善寺蔵 」 『三和の文化遺産』 2006年3月31日 古河市立三和資料館 1p~1p
群馬県・太田市 長勝寺   8.3 8.5 銅造 室町  
岡部央「第六章 中世太田の遺跡と遺物/第四節 中世の仏像・神像/二 仏像/長勝寺蔵/金銅造阿弥陀三尊のうち両脇侍像 」 『太田市史 通史編 中世』 1997年8月31日 太田市 873p~874p
群馬県・太田市 洞谷寺   30.5   銅造 鎌倉~室町  
岡部央「第六章 中世太田の遺跡と遺物/第四節 中世の仏像・神像/二 仏像/洞谷寺蔵/金銅造観音菩薩立像 」 『太田市史 通史編 中世』 1997年8月31日 太田市 876p~876p
群馬県・太田市 曹源寺   22.0 23.5 銅造 室町  
岡部央「第六章 中世太田の遺跡と遺物/第四節 中世の仏像・神像/二 仏像/曹源寺蔵/銅造阿弥陀三尊のうち両脇侍像 」 『太田市史 通史編 中世』 1997年8月31日 太田市 884p~885p
群馬県・榛名町 個人 26.2 22.6 22.1 銅造 室町
山田磯夫「作品解説 1,関東の出土金銅仏を中心に/24,善光寺式阿弥陀三尊像 群馬県群馬郡榛名町・個人 」 『甦る光彩ー関東の出土金銅仏ー』 1993年10月0日 埼玉県立博物館 65p~65p
「Ⅲ 善光寺信仰の受容と展開 11,各地の善光寺仏/55,阿弥陀三尊立像(善光寺式) 群馬県・個人 」 『古代・中世人の祈りー善光寺信仰と北信濃ー』第39回特別展 1997年4月0日 長野市立博物館 76p~76p
埼玉県・東松山市 浄光寺 32.6 22.9 22.9 銅造 中尊室町・脇侍江戸
「図版/29,浄光寺/29-6 阿弥陀如来及び両脇侍立像」 『仏像ー東松山市仏像調査報告ー』1985年3月31日 東松山市 134p~134p
埼玉県・江南村 弁天島 5尺     石造板碑 鎌倉(1227)  
川勝政太郎「武蔵須賀廣の嘉禄・寛喜板石塔婆について 」 『史迹と美術』 27-10(278) 1957年11月1日 史迹美術同攷会 362p~368p
埼玉県・江南村 江南小学校 7尺5寸     石造板碑 鎌倉(1230)  
川勝政太郎「武蔵須賀廣の嘉禄・寛喜板石塔婆について 」 『史迹と美術』 27-10(278) 1957年11月1日 史迹美術同攷会 362p~368p
埼玉県・小川町 萬福寺 49.2 34.2   銅造 鎌倉~南北朝
林宏一「第二編 中世/第四章 小川町の仏教美術ー仏像ー/小金銅仏」『小川町の歴史 通史編 上巻』 2003年8月29日 小川町 313p~315p
千葉県・袖ヶ浦市 常照寺 44.7 31.5 21.5 銅造 鎌倉  
「全作例 寺院 根形地区 20,常照寺(野田)/20-1~3,善光寺式阿弥陀三尊 」 『袖ヶ浦の仏像・仏具』袖ヶ浦市史基礎資料調査報告書1 1995年2月28日 袖ヶ浦市教育委員会 32p~32p
千葉県・袖ヶ浦市 松源寺 1尺     木造 江戸  
「全作例 寺院 平岡地区 39,松源寺(岩井)/39-2,善光寺式阿弥陀三尊像 」 『袖ヶ浦の仏像・仏具』袖ヶ浦市史基礎資料調査報告書1 1995年2月28日 袖ヶ浦市教育委員会 52p~52p
千葉県・白井市 神宮寺観音堂   6.0   銅造 室町  
「全作例篇/神宮寺[観音堂]/10 菩薩立像 」 『白井市の仏像』白井市文化財基礎調査報告書 第3集 2005年3月25日 白井市教育委員会 26p~26p
千葉県・白浜町 紫雲寺   32.0   銅造 鎌倉  
川崎暁「重要作例図版解説/3,銅造観音菩薩立像(20)原色図版3 紫雲寺 」 『白浜町の仏像』 1999年3月0日 白浜町教育委員会 28p~29p
東京都・港区 善光寺 41.5 30.7 30.3 銅造 江戸 区指定*
「銅造阿弥陀如来及両脇侍立像」『港区 文化財のしおり(区指定・登録文化財編)』 1995年12月 港区教育委員会社会教育課文化財係 22p~22p
東京都・荒川区 南泉寺       銅造 室町 区指定*
「有形文化財(彫刻)/銅造菩薩立像 南泉寺」『荒川区の文化財(一)』 1989年3月0日 東京都荒川区教育委員会 19p~19p
神奈川県・横浜市栄区 長谷寺 4.2 3.5 3.5 銅造押出仏 江戸  
皆川祥子「調査目録 (四)彫刻 長谷寺/2,銅造善光寺式阿弥陀三尊像 」 『横浜の文化財ー横浜市文化財綜合調査概報(7)ー』 1988年3月31日 横浜市教育委員会社会教育部文化財課 93p~93p
神奈川県・横浜市磯子区 金臺寺 25.8 20.5 20.5 木造 近代  
塩澤寛樹「調査目録 (四)彫刻 金臺寺/4,木造阿弥陀如来及び両脇侍像 」 『横浜の文化財ー横浜市文化財綜合調査概報(11)ー』 1993年3月31日 横浜市教育委員会社会教育部文化財課 102p~102p
神奈川県・横浜市磯子区 願行寺 42.6 27.4 27.4 銅造 江戸  
塩澤寛樹「調査目録 (四)彫刻 願行寺/3,銅造阿弥陀如来及び両脇侍像 」 『横浜の文化財ー横浜市文化財綜合調査概報(11)ー』 1993年3月31日 横浜市教育委員会社会教育部文化財課 102p~103p
神奈川県・横須賀市 西徳寺 8.4 6.5 6.5 銅造 江戸(1780)光雲銘
皆川祥子「彫刻 調査内容 西徳寺/6,銅造阿弥陀如来及び両脇侍菩薩立像」 『横須賀市文化財総合調査報告書』第1集 浦賀地区 1981年3月31日 9p~10p
神奈川県・横須賀市 東林寺 60.0 43.3 43.5 銅造 室町  
山田泰弘「彫刻 調査内容 東林寺/3,銅造阿弥陀如来及び両脇侍菩薩立像」 『横須賀市文化財総合調査報告書』第1集 浦賀地区 1981年3月31日 24p~24p
新潟県・柏崎市 香積寺   33.0 33.0 銅造 室町  
籠島浩恵「彫刻/聖観音立像1体 善光寺仏2体 香積寺 」 『柏崎市の文化財とその周辺』第16回特別展 1990年10月10日 柏崎市立博物館 24p~24p
新潟県・新井市 上野清定     26.4 銅造 鎌倉  
「第三章 斐太仏山出土善光寺仏と摩尼王寺 」 『上越後善光寺仏の研究』 1962年1月15日 直江津市史蹟保存会・直江津市教育委員会 11p~16p
久野健「勢至菩薩像 大字雪森蔵(新井市雪森) 」 『新井周辺の仏像』郷土の新井 特集号 1965年11月3日 新井市郷土史研究会 26p~27p
新潟県・柏崎市 根埋地蔵立地蔵       石造 鎌倉  
「第六章 柏崎一光三尊仏 」 『上越後善光寺仏の研究』 1962年1月15日 直江津市史蹟保存会・直江津市教育委員会 24p~25p
新潟県・新井市 摩尼王寺   7.4   銅造 鎌倉~室町  
久野健「伝観音菩薩像 摩尼王寺(新井市堂庭) 」 『新井周辺の仏像』郷土の新井 特集号 1965年11月3日 新井市郷土史研究会 6p~8p
新潟県・妙高高原町 杉の沢部落 52.0 48.0 48.0 木造 室町  
「第九章 室町期の善光寺仏/第一節 杉の沢善光寺仏 」 『上越後善光寺仏の研究』 1962年1月15日 直江津市史蹟保存会・直江津市教育委員会 34p~36p
新潟県・妙高市 関山神社妙高堂 47.7 31.0 31.0 銅造 鎌倉~室町  
「第四章 関山神社善光寺仏 」 『上越後善光寺仏の研究』 1962年1月15日 直江津市史蹟保存会・直江津市教育委員会 16p~21p
「善光寺式三尊像 関山神社妙光堂(中頚城郡妙高村関山) 」 『新井周辺の仏像』郷土の新井 特集号 1965年11月3日 新井市郷土史研究会 12p~13p
石川県・金沢市 玄光院       木造   (写真なし)
「第Ⅰ部 美術・工芸・書跡編/寺院別所蔵品/11,玄光院/(36)木造善光寺式阿弥陀如来立像 」 『寺町台の寺院調査』金沢市文化財紀要 13 1977年3月31日 金沢市教育委員会 14p~14p
福井県・武生市 大宝寺 190.0 63.7   綴織 江戸(1819)  
「作品解説/46 綴織 阿弥陀三尊像(善光寺式阿弥陀像) 武生市本町・大宝寺 」 『慈悲の造形ー越前の観音ー』福井県立博物館第15回特別展 1991年10月0日 福井県立博物館 101p~101p
長野県・諏訪市 教念寺   26.0   銅造 南北朝 市指定
「教念寺善光寺仏脇士仏 」 『改訂 諏訪市の文化財』 1997年3月27日 諏訪市教育委員会 174p~175p
静岡県・修善寺町 薬王寺 47.7     銅造 鎌倉  
「彫刻・工芸/銅製阿弥陀如来立像 薬王寺 」 『修善寺の文化財』 2004年3月1日 修善寺町教育委員会 4p~4p
愛知県・蒲郡市 真如寺 36.0 24.0 24.0 木造 江戸  
「形原地区 64,真如寺/9,善光寺三尊像 」 『蒲郡市寺院悉皆調査報告書』 1986年12月1日 蒲郡市教育委員会 150p~150p
愛知県・阿久比町 済乗院 40.0     不明    
「十、彫刻/済乗院善光寺如来 」 『阿久比の建造物と彫刻』阿久比町文化財調査報告 第3集 1980年3月0日 阿久比町教育委員会 57p~57p
愛知県・吉良町 長福寺 46.4     銅造 鎌倉  
天野信治「図版解説/4,善光寺式阿弥陀如来立像 愛知県吉良町・長福寺 」 『特別展 ものがたり 善光寺如来絵伝』 2002年10月12日 安城市歴史博物館 116p~116p
滋賀県・大津市 園城寺(近松寺伝来) 33.9     銅造    
「Ⅲ 善光寺信仰の受容と展開 11,各地の善光寺仏/51,阿弥陀三尊立像(善光寺式) 滋賀県・園城寺 」 『古代・中世人の祈りー善光寺信仰と北信濃ー』第39回特別展 1997年4月0日 長野市立博物館 72p~72p
大阪府・茨木市 安養寺 40.0 27.5 27.7 木造 室町  
藤岡穣「第Ⅵ章 西国街道沿いの美術/1.安養寺の彫刻/1 阿弥陀三尊像 安養寺(耳原) 」 『新修茨木市史 第九巻 史料編 美術工芸』 2008年3月31日 茨木市 178p~181p
奈良県・奈良市 霊厳院 37.2 21.2 20.0 木造 江戸  
「椿井地区/189 林小路町 霊厳院/⑤ 阿弥陀三尊像(善光寺式) 」 『昭和59年度実施 奈良市彫刻調査中間報告書(その三)ー大安寺・帯解・東市・飛鳥・椿井・済美地区ー』 1985年3月31日 奈良市教育委員会 49p~49p
奈良県・奈良市 安養寺 50.5 36.4 36.5 木造 江戸  
「済美地区/197 鳴川町 安養寺/③ 阿弥陀三尊像(善光寺式) 」 『昭和59年度実施 奈良市彫刻調査中間報告書(その三)ー大安寺・帯解・東市・飛鳥・椿井・済美地区ー』 1985年3月31日 奈良市教育委員会 63p~63p
奈良県・奈良市 唐招提寺       摺仏    
「善光寺三尊像(摺仏) 奈良市・唐招提寺 」 『全国善光寺如来展』 1967年0月0日 信濃美術館 26p~26p
奈良県・奈良市 奈良国立博物館     23.3 銅造 鎌倉  
「新収蔵品紹介/3 金銅勢至菩薩立像[1371] 」 『鹿園雑集 奈良国立博物館研究紀要』 9 2007年3月31日 奈良国立博物館 147p~147p
「図版・解説/3 金銅勢至菩薩立像 」 『古玩逍遥ー服部和彦氏寄贈仏教工芸展ー』 2007年6月9日 奈良国立博物館 18p~18p
奈良県・生駒市 宝山寺観音堂 38.2 23.2 23.2 木造 江戸  
「Ⅰ 総覧/4 宝山寺 観音堂/29 善光寺式阿弥陀三尊像 」 『生駒市の仏像 Ⅱ 北・中地区篇』生駒市文化財調査報告書 第21集 2006年3月31日 生駒市教育委員会 20p~20p
和歌山県・日高町 浄恩寺            
「浄恩寺の佛像/善光寺式阿弥陀三尊 」 『日高町の文化財 第4集 日高町の仏像』 年12月15日 日高町教育委員会 33p~33p
徳島県・美馬町 願勝寺 57.2 41.5 38.0 銅造 室町  
「91,善光寺三尊像 美馬郡美馬町、願勝寺 」 『阿波のほとけ』徳島郷土双書17 1969年3月25日 徳島県教育会出版部 136p~137p
福岡県・久留米市 善導寺 48.7     銅造 江戸(享保頃)  
「図版/18,銅造善光寺式阿弥陀三尊像 」 『筑後大本山 善導寺』九州寺社シリーズ 5 1981年3月27日 九州歴史資料館 9p~9p
大分県・杵築市 正覚寺 49.2     銅造 鎌倉  
「浄土への憧れー阿弥陀仏の系譜/中世の阿弥陀信仰と阿弥陀如来像/46 銅造阿弥陀如来立像 宇佐市・善光寺 」 『み仏の美とかたちー大分の仏教美術1400年の輝きー』開館25周年特別展 2006年10月20日 大分県立歴史博物館 48p~48p

以上です。詳細に検討はしていないので、重複などがあるかもしれません。そのほか、記録にないものも多数あるはずです。これは全国の悉皆調査が進まないとどうにもなりません。

Photo ひとつ、三重県の新大仏寺の境内で見た善光寺式阿弥陀三尊像です。これもリストに入れないといけませんかな。ただ、寸法も測っていませんので、ちょっと信頼性に欠けるかな。

« 日吉神社(赤後寺)菩薩立像 | トップページ | 腰布考(その1) »

仏像」カテゴリの記事

コメント

板碑を調べています。善光寺三尊板碑については『史迹と美術』777-778号( 平成19.9-10)に実査に基づいて発表しています。貴殿の書かれるように、たなかしげひさ氏のリスト、『善光寺史研究』の小林計一郎氏のリストは、善光寺三尊について明確に依拠するところを記さず、単なる弥陀三尊板碑を善光寺三尊にすることや、時代がずっと下るもの,所在の不明なもの等を収録するなど甚だ信用出来ないものでした。小林氏には照会状を出しましたが既に亡くなられていて根拠を多田鵜sことを果たせませんでした。小生は現地に行って実査することで東国の図像板碑を640基ほどを調べ、各地ごとに自作自演の報告書を発行してきました。「東国の図像板碑」のブログをご覧下さい。
 新大仏寺の善光寺三尊石仏は何時の時代の造立と見られましたか?。九州に磨崖の鎌倉時代のもの、一乗寺石仏群の中に一基、奈良市ササ矛町・浄国寺等中世の善光寺三尊石仏もあり、近世の造立はかなりの数のなるのではないかと(小生は中世の石造品を採訪)考えています。

村田和義様
コメント有難うございます。ご返事が遅れまして申し訳ありません。
いつも使っているパソコンが壊れまして、急遽、別のパソコンを調達して凌いでおります。

村田様のご活躍は『史跡と美術』誌上で、拝見させてもらっています。
じつは、小生も大学院生のとき、板碑の悉皆調査をしたことがあります。

お問い合わせの、新大仏寺の石造善光寺三尊像は、
鷲塚泰光「石仏」『日本の美術』147号 1978年8月15日発行の裏表紙に写真があります。
鷲塚氏は、図版解説で、室町時代と判定しています。小生もそれでいいのかなと思います。
これからも、よろしくご指導のほどよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日吉神社(赤後寺)菩薩立像 | トップページ | 腰布考(その1) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ