« 旧観心寺蔵光背 | トップページ | 五龍閣 »

2010年7月26日 (月)

酷暑の奈良京都旅行

このクソ暑い時に、奈良・京都へ1泊旅行をしてきました。まずはその旅程から。

  • 1日目
  • 名古屋から近鉄で→室生口大野→室生寺→龍穴神社→大野寺磨崖仏
  • 近鉄で奈良→奈良国立博物館→東大寺大仏殿→アカダマ→宿舎
  • ライトアップで浮見堂→東大寺南大門→大仏殿→奈良県公会堂→
  • 奈良国立博物館→興福寺五重塔
  • 2日目
  • JRで木津下車→タクシーで山城郷土資料館→歩いて高麗寺址
  • JR上狛より→宇治→平等院→京阪で中書島→神宮丸太町→新島襄旧居
  • 京都市歴史資料館→清水寺→清水坂の五龍閣カフェ→京都国立博物館
  • 京都駅→帰宅

Photo

こんな山の中でも、クソ暑い。金堂は外陣から見ることができ、彩色のすばらしさに感動。おまけに奥の院まで、このクソ暑い時に服をびしょぬれにしながら登ってきました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_2

大野寺は、是非とも対岸に渡って、この磨崖仏を見上げてみたいとおもっていました。靴をぬいで、浅いところを選んで渡川を試みましたが、川の中の石がことのほかぬるぬるしており、足場が悪くて途中で断念しました。次はかならず挑戦するぞ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_3

奈良博の特別展『仏像修理』は、図面を多用して、それなりにわかりやすく展示してありました。これだけの資料があるのに、それが公刊されているのはほんの一部です。展覧会で図面をみても、詳細にはわかりません。むしろ、本として、公開してくれないでしょうか。

旧館の改装後は、それほどレイアウトに変わりはありませんでしたが、仏像専用の建物にしてしまうことがすごいことです。

とにかく、仏像のテンコもりです。とくに平安時代の仏像はもういくら見てもきりがありません。今回は、東大寺法華堂の金剛力士像を、2体間近に見ることができました。その迫力はやはりすごいものがあります。

Photo_4

夕食もそこそこに、というよりも朝から、水ばかり飲んでいて全然食欲がなくなり、カメラをかついで、夜の奈良の町へ。東大寺の参道に行くと、横の浮雲園地で、「なら燈花会」をやっていました。

それにしても、夜になってもクソ暑かった。

 

 

 

 

Photo_6

山城郷土資料館は、府立なのに、なんでこんな不便な場所にあるのでしょう。なにか特別な場所ともおもえないし、とりあえず、浄瑠璃寺三重塔の薬師如来坐像を見てきました。

そこから、田んぼの草のにおいをかぎながら、炎天下、大汗をかきながら、高麗寺址へ。土壇のくぼんだところに塔の礎石がありました。南の側面には、舎利穴があいていました。

 

 

 

Photo_7

平等院は久し振りです。鳳翔館には、はじめて入りました。その建物の設計のすばらしさに感動です。本尊の阿弥陀如来も修理を終えたばかりなので、すばらしかったのは同様です。

相変わらずクソ暑くて、服が汗ですこしも乾かないので、定番の「宇治金時」でひと涼み。

 

 

 

Photo_8

御所の横の道を歩いていると、同志社大学の交友会館のとなりに新島襄旧居の看板がありました。入場無料なので、入ってみました。外観はコロニアル風の洋館風ですが、和様折衷の家のようです。新島襄みずから設計したとか。

 

 

 

 

 

Photo_9

清水坂を登っていく途中に、横の細い路地に入ると、突然洋館が出現します。以前は、豆腐料理屋の順正の清水店として営業していました。ここに入るには、豆腐料理を食べにいかなくてはだめか、と思っていましたら、去年、五龍閣カフェとして、軽食をだす喫茶店としてオープンしました。

この建物は大正10年、武田五一の設計で建てられた建物です。旧松風嘉定邸です。

この1階のサンルームにはステンドグラスが嵌っています。また、2階に1室と、女子便所にもステンドグラスがありました。清水坂には、人であふれていましたが、この喫茶店は入りずらいのか、比較的すいていました。写真もとらせていただきましたので、また、まとめて紹介できるとおもいます。

それにしても、クソ暑い中、バスで、京都国立博物館へ、もうあまりにクソ暑いので、京都駅へ行って喫茶店で涼み、地下の伊勢丹で、関西風のうなぎ弁当を買って、新幹線へ。

いったい、「クソ暑い」て、何回言ったのでしょう。

« 旧観心寺蔵光背 | トップページ | 五龍閣 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

東京でこれだけクソ暑いんですから、盆地の京都や奈良のクソ暑さはbeyond description(筆舌に尽くし難い)なんでしょうねぇ。そんなときによくも好き好んで(失礼!)・・・。 また、その中をよく移動されましたね。読んでいるだけでもクソ暑くなりました。でも、大野寺の前の川の水は気持ちよかったですか? そうか、たしかに磨崖仏を対岸からみても線が細くてはっきり見えないですもんね。近づいて見ればよく見えるはずですね。
疲れが出て熱射病などにならないよう、ご自愛ください。
奈良博の本館はずいぶん変わったみたいですね。そのうち、行かなければ・・・。

 いかにもクソ暑いブログです。7月上旬に奈良に行った際は、奈良博は休館中で、‘仏像修理100年’は是非見たい企画展です。パンフだけもらってきました。合宿中も暑かった想い出がありますが、最近の暑さは質が違ったような気がします。
  ところで全然話が違いますが、ガラスタイルのお店が(ショールームのような)青山に出来たらしいのですが、ご存じないですか? ベネチアのガラスで、住宅建材としても使えるようなものなんだそうですが。

Bisazza Tokyo(ビザッツァ トーキョー)(http://www.bisazza.com/) でしょう。
ガラスモザイクというのは、それこそ、小川三知が大正時代に論文で紹介したことがある古い素材です。しかし、日本では結局メジャーになりませんでした。モザイクタイルというものの使い方というか、感覚が理解されていないからでしょう。
どうも日本人はモザイクというと、銭湯のタイルを思い出してしまいますよね。
今日も、クソ暑いですね!!

夢さん! 奈良博はお勧めです。ゆっくりと大名気分でどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧観心寺蔵光背 | トップページ | 五龍閣 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ