« 旧中込学校 | トップページ | 平木収著『写真のこころ』 »

2010年9月29日 (水)

仏像の防犯対策

このところ、仏像の盗難についての話題が新聞をにぎわせています。

8月18日付の朝日新聞には、「地蔵・狛犬 各地で盗難」という見出で、小見出には「3年で105件 文化庁が初の調査」と書いています。要は、2007~09年度の3年間に盗まれた仏像の調査を文化庁が初めてしたら、すくなくとも105件あったという話です。

文化庁は、有名な仏像の盗難事件があるたびに各地方公共団体に防犯対策の通達をだしています。いまさら何をいっているの?という感じです。

すると、8月28日の中日新聞には、「文化財Gメンを新設 仏像・経典・・・盗犯増に対応」という見出の記事がでました。これは、“総合対策を担う「美術品危機管理対策専門官」を来年度に新設する方針で、警察や消防との情報交換や監視態勢づくりに乗り出す。” としています。

これも要するに、防犯防火対策のPR活動を積極的にしましょう。という話です。同様の記事は同日に東京新聞が、9月15日には読売新聞の関西版が記事にしています。

すると、和歌山では、9月15日から23日にかけて、たてつづけに仏像盗難事件が起きています。

そして、9月24日、奈良県明日香村の向原寺の観音菩薩像が、京都のオークション会社のカタログに載っていたのを、仏像研究者に発見され、寺はそれを買い取り、36年ぶりに寺にもどった。メデタシ!メデタシ! という記事がでました。

すると、間髪いれず、文化庁は9月26日に「無人寺社の防犯対策に補助金=仏像などの盗難多発でー文化庁」という見出の記事が時事通信からでました。

文化庁によると、「無人寺社の多くは収入が少なく、防犯設備の設置は難しい」という。こうした寺社は人の目が少ないこともあり、盗難の被害に遭いやすく、重点的に支援する必要があると判断した。そして、同年度概算要求に緊急対策費として5500万円を計上した。とあります。

いかにも、文化庁は迅速に対策を打っているという印象です。ところが、文化庁のHPを見ると、HOME>文化財>文化財の防火、防犯に関する通知について を見てみると、昭和41年から平成22年までに、16件もの通達が出されているのがわかります。“文化庁においては、過去に様々な通知を発出し文化財の防火、防犯対策の徹底等を図っています。”と懸命に仕事をしています。と言いたいのでしょうが、16件も通達をだしただけで、すこしでもその対策に効果がでたのですか?その検証はしたのですか?ということがまるで抜け落ちています。これでは、単なる言い訳をしているだけでしょう。

“文化財Gメン”を来年度から設置する、ということも、結局は、所有者(それは、地域でまもっている人々)に、金と労力をもっとつぎこんで防犯対策をやりなさい。と過去の文化庁通達を宣伝するための機関でしかないのでしょう。

文化財は金持ちや、拝観料をかせげる寺院が持っているのはごく小数です。大部分は、地域の文化を支える重要なものなのです。つまり、地域の文化を支えている人々に、身銭をきって防犯対策をしろとか、盗まれるのは、金をかけないからだとか、いえるのでしょうか。

また、金をかけて防犯カメラを取り付ければ、盗難に遭わないのでしょうか。たった5500万円でどれだけの無人の寺社に防犯カメラが取り付けられるのでしょうか。

以前拙ブログに、「防犯という考え方」という題で、書いておきましたが、泥棒は狙った獲物は逃さないということを、知った上で対策を練るべきです。文化財Gメンが防犯対策のPR活動をすること事態、むだなことではありませんが、それだけしかしないの?というのが疑問なのです。有名寺院でさえ盗難事件はおきているのですから。

向原寺の観音菩薩像が発見されてもどった事例では、結局被害にあった寺が、自分の所有していた仏像を買わなければならないハメになってしまったのです。しかも、仲介した京都のオークション会社(産経新聞ではこの会社名を公表しています)は、以前にも、盗品をカタログの表紙にかざっていた会社です。単に仲介しているだけなので、法律的に責任がないといえばそうでしょうが、その売買経路も不明だというのではいかにも不条理です。

しかも、文化財の防犯対策として、写真をとるなど、しっかりとした調査をしておくのも、もし盗難にあったとき有効になります。と文化庁はPRしています。たしかにもっともな話です。わたしもそのことを何度か書いてきました。

しかし、そこから先が問題なのです。文化庁はもし盗難にあったら、速やかに警察に届けなさい。写真もあったら提出すれば、取り戻す可能性が高くなります。というのです。

はたして、そうですか?そうなりますか?それなら、文化庁は盗難にあった仏像のリストを写真とデータ付ですぐに公表できますか?大体、盗まれた写真もデータも公表されていなければ、どれが盗品なのかわかるはずがありません。どうやって取り戻せるのですか?

おそらく、文化庁は防犯対策まではやりますが、泥棒を捕まえるのは警察の仕事だから、あとは警察におまかせなのでしょう。役所間の連携がまるでとれていない証拠です。

こんなのは、警察庁がHPで仏像盗難リストを作って、写真やデータを公表すればいいことです。そして、全国の古物商に取引する際には、必ずそのHPをチェックするように通達を出せばすむことです。仏像は2つとして同じものはないのですから。

Photo_4

今年3月盗まれた、大阪・今養寺の大日如来坐像(重要文化財)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_5

« 旧中込学校 | トップページ | 平木収著『写真のこころ』 »

仏像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧中込学校 | トップページ | 平木収著『写真のこころ』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ