« 三都紅葉狩の旅(第二日目) | トップページ | 仏像の名称(その2) »

2010年11月22日 (月)

早稲田大学33号館

今日(11月22日)から、早稲田大学文学部33号館の解体工事が着工されたようです。

Photo

2007年には、中の研究室が引越をして、そのまま使われないままになっていましたが、やっとのことで、33号館(通称国連ビル)の解体工事が着工という運びになったそうです。

早稲田大学文学学術院HPによると、解体完了は2011年4月頃だそうです。そして、およそ5年かけて、高層棟と低層棟の建替工事が行われる予定だそうです。

そして、その計画がすこしずつ明らかになってきました。このHPには高層棟の完成イメージとしてイラストが4点掲載されています。高さが今より高くなっているのかは、よくわかりませんが、以前のマッチ箱のような形状ではなく、直方体の形状になっているようです。

全体の外観イメージは以前の建物から大きく変わることはないようです。というよりも、あまりにも最近どこにでもあるようなおとなしい設計イメージです。

ちょっと、個性がないかな、といった感想をもちました。もっとも、村野の設計から大きく変えることじたいむずかしいことなのは、理解できますが、それにしても、誰が基本設計にかかわっているのかの公表ぐらいはしてほしいものです。

Photo_3

以前、美学会で、この建物の内部を見学させてもらいましたが、高層棟の1階の壁にあるモザイク、便所の目隠し壁のモザイクなど、どうなるのでしょうか。

現実には保存はむずかしいとおもいますが、何らかの形で記録に残すことはできるとおもいます。

 

 

 

 

Photo_4

 

 

 

 

 

 

Photo_5

それよりも、以前、内部を見学したとき、気になった部分がありました。

それは、便所の壁の上部に明り取りとして、樹脂の塊に2つの大きな穴をあけて、ブロックのように積み上げた開口部があったことです。

このような素材そのものも、いままで見たことがありませんし、まして、ブロック状の樹脂(アクリらしい)に穴をあけるという技法も大変めずらしいものです。(穴を開けて成形したものではありません。)

しかも、このようなデザインを誰も注目していないようなのです。この素材は解体工事で跡形もなくなってしまう運命になるのでしょうか。

Photo_7

もうひとつ、解体で気になることは、以前のブログでも書いておきましたが、玄関に嵌っていたアートブリックです。もうすでに、エレベーターホール側の1ヶ所は解体されてしまいましたが、もう1ヶ所の中階段の踊り場にあるアートブリックはどうなったのでしょう。

このアートブリックについては、カガミクリスタル社の市販品だと言いましたが、この早稲田大学に嵌っているアートブリックはちょっと特殊な製法で造られているのがわかりました。

このアートブリックの製法は、以前大森の工場で見学したことがありますが、まず、金属の箱に溶けた硝子を流し込み、それを徐冷して造ります。ですから、普通は、表面は火づくりの平らな面になります。この早稲田のアートブリックは、表面を硝子が固まる寸前に、棒のようなものでかき混ぜて、模様をつけているようです。

他の施工例を見ても、このような模様がついているアートブリックは見たことがありません。

 

 

 

 

 

 

Photo_6

これが、村野の指示によってこのような模様が造られたかどうかは、その当時カガミクリスタルの担当者と工場で作業していた人をさがしてみないとわかりませんが、非常に特殊な形状であることは間違いありません。

しかも、アートブリックのカタログでは、その形状はすべて長方形と直角のはいった台形で、形が二等辺台形の形は載っていません。おそらくこの建物のために特注で、型をつくったのかもしれません。

つまり、このアートブリックはかなり貴重な逸品です。産業技術史資料として、せめて、解体前に、二等辺台形の1枚でも確保して保存してほしいものです。

« 三都紅葉狩の旅(第二日目) | トップページ | 仏像の名称(その2) »

大学」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三都紅葉狩の旅(第二日目) | トップページ | 仏像の名称(その2) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ