« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月22日 (土)

運慶展

Photo

朝早く家を出て、金沢文庫の『運慶』展に行ってきました。土曜日のせいか、普段の金沢文庫とは違って、かなり人が出ていました。最近の仏像ブームもまだすたれてはいないようです。特に、中高年の人が目につきました。

出陳している仏像は、チラシに出ているのが、ほとんどで、円成寺・光得寺の大日如来、滝山寺の帝釈天、浄楽寺の不動明王・毘沙門天立像、光明院の大威徳明王像といったところでしょうか。真如苑像は、2月8日からの展示だそうです。

Photo_2

展示スペースの都合もあって出陳している仏像は少ないですが、運慶に関する史料(「運慶」の名が書かれている文書類)が豊富に展示しているのは、さすが金沢文庫と思わせませす。

これらの運慶作品は、ここ数年間に、さまざまな所で公開されていましたので、とりたてて感動することはありませんでしたが、狭い展示スペースでは、いささか消化不良の所もありました。

仏像の背部を見られるのは、滝山寺の帝釈天像だけで、あとは、壁面のガラススクリーンごしにしか見られませんでした。ほとんど正面だけということです。

結局、カタログの写真で印象を感じてくださいということですか。

唯一、背面が見られる滝山寺の帝釈天像は、後補の彩色のおかげで、その着衣方法がよくわかりました。いわゆる、腹甲が、チョッキのように身体に密着して、その上に胸甲を被っているようです。腰巻ストールも、実に自然な衣文の翻りを表しているのはさすがです。

光得寺は本体よりも、厨子が注目でした。本体を厨子から取り出して、別に展示しているので、厨子の中にある小仏をよく見ることができました。

Photo_3

カタログでは、まだ運慶作品の出現の可能性を述べていますが、もう運慶ブームはこの辺でおわりでしょう。

それよりも、「快慶」作品のほうが、ここ数年の間に多数出現しており、ここらで、まとめる展覧会があってもいいかなと思っていますが、どうでしょうか。

Photo_4

2011年1月19日 (水)

松聲閣の思い出

 音羽で一仕事して、ここからなら、永青文庫も近いので、散策することにしました。目白通りを横切って坂を降りると、和敬塾の建物が建っています。その左には、長い塀があり何やら不思議な木造の建物があるようです。右奧の和敬塾本館(旧細川家邸)は、前もって申し込みをすれば見られるのですが、いつか機会を見計らってというところです。

Photo

このあたりは、熊本の細川家の広大な敷地の中のほんの一部です。永青文庫は、細川家の倉庫だった建物で、美術館としては、ちょっと貧弱な感は否めませんが、細川家の敷地の中ということで、そんな雰囲気を味あうのもいいかもしれません。

その下の新江戸川公園も、細川家の庭をほぼ生かしてあります。

最近、永青文庫から、新江戸川公園に入る道ができました。以前は、一度坂を降りて、正面からでないと、庭園に入れませんでしたが、今回は、庭園の裏山から池を見下ろしながら公園に入ることができました。

 

 

Photo_2

池は、薄く氷が張っていました。こんなのを見るのは、東京では何年ぶりでしょうか。それだけ今年は寒いということでしょうか。

一本だけ、梅が咲いていました。そのうしろの2階建の建物が松聲閣です。

 

 

 

この松聲閣は、以前は、貸し部屋で、区で管理していたとおもいます。大学に入りたての5月頃だったでしょうか、サークルの新一年生だけでコンパをここでやりました。

Photo_3

酒、つまみは持ち込みでやったので、安上がりに済まそうとしたのでしょう。先輩から、2級酒よりも安い、合成酒を寄付してもらい、10数人の男があつまり、飲みなれない酒でドンチャンさわぎをしました、この建物の中で大暴れをして、結局、ほとんどが酔いつぶれ、私も、地面がグルグルまわるのを初めて体験しました。どうやって家に帰ったかの記憶もありませんでした。

それ以来、われわれが出入り禁止になったのは、言うまでもありません。

 

 

 

Photo_4

この松聲閣は細川家の学問所として使っていた建物のようです。かなり老朽化がすすみ、とうとう集会所としてもつかわれなくなってしまったようです。

この書き付けをみて、何だか少しばかり申し訳ないような気持ちになりました。

若気のいたりとはいえ、貴重な建物を汚したことが、その寿命を縮めたとすれば、取り返しのつかないことをしてしまったと、後悔するばかりです。

 

 

 

Photo_5

とおもいながら、秋葉原を歩いていると、交差点の街路灯につかまって、パイプの手摺の上に登って、大騒ぎしながら記念写真を撮っている、外国の若い女の子の集団に出会いました。

このところ、こういう公共マナーの悪い外国人を見て、ムカムカとします。

年のせいでしょうか、ひとこと注意したくなるのです。

 

 

 

 

Photo_6

もう世間体を気にする年でもないので、躊躇することはないのですが、しかし、もうすこしおおらかな気持ちになってもいいのかな、と、もうひとりの自分がささやきます。

私の若い頃も結局、大目にみていただいた大人がいたからこそなのかな、と思ったりして。

それにしても、日本人は、実にマナーのいい国民だとおもいます。秋葉原の歩道には、タバコの吸い殻ひとつ落ちていません。

外国では、ゴミをすてるのは、ゴミをひろう職業の人の仕事をつくるためだ、と言われたことがあります。しかし、その考え方は、おかしいでしょう。

 

 

 

2011年1月12日 (水)

両国界隈

Photo

 日曜日に更新しようとしたところ、インターネットにアクセスできませんとの表示。何が原因なのだろうと、いろいろいじくっても埒があかず、どうも設定に問題があったわけではなく、ハードの問題と判断。パソコンは自作なので調べると、マザーボードに組み込まれているLANボードがどうもあやしいことが判明。

急遽、ヨドバシカメラに走り、LANボードと、ついでに地デジ用のTVキャプチャカードを購入しました。

箱を開けるのは、しばらくぶりで、どういう配線をしたのか、どんなボードを差していたのかも忘れてしまっていたので、床にへばりついて観察して、(本体は机の下に置いてあるので)やっとのこと、不要なボードを引っこ抜いて、何とか2枚のボードをさし込みました。

Photo_2

インターネットはやっとつながりましたが、地デジはまだ映りません。まだ、設定に間違えがあるようです。

最近のコンピュータは、ますます複雑になって、もう単なるマニアでは手に負えなくなってしまいました。

初期のパソコンは、プラモデルを組み立てるような感覚で、わくわくしたものですが、こうも高度になると、シロウトのでる幕ではなくなって、さびしさがつのります。

 

 

Photo_3

以前、マウスが動かなくなった時も、パニックになってしまいました。何せどうやってシャットダウンしたらいいのか、わからなかったのです。マニュアルでは、電源スイッチで切断してはいけませんとは言っても、結局最後の手段を使わざるをえなかったのです。

そんなこんなで、更新が遅れてしまいました、という言い訳をしてしまいました。

今日は、ある新年会のついでに、両国界隈を散策してきました。

旧安田庭園は、こじんまりとした下町の庭園です。白鷺?が近くによってきました。

そして、震災記念堂、私の親の代の人は、陸軍被服廠跡といっていましたが、関東大震災と東京大空襲で、多くの犠牲者がでたところです。

設計は伊東忠太で、内部の装飾に得意の怪獣の装飾がありました。そして、人字束もあったりして、伊東忠太の建物の探検は興味がそそられます。

549

近くのホテルの25階から見る東京スカイツリーは、現在549mです。

2011年1月 1日 (土)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中は拙ブログにアクセスいただきありがとうございました。

ときとして、筆折れることもありましたが、なんとか新年をむかえることができましたのは、ひとえに読者のあたたかいご支援のたまものと感謝しております。

さて、元旦は、例によって、東京スカイツリーのまわりをグルッと歩いてきました。

Photo

まずは、北側から

 

 

 

 

 

 

Photo_2

そして、北十間川から、目の前で見上げるとこんな感じになります。

このデジカメはパラノマ撮影ができるもので、真上から下の川まで、画面にはいります。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_6

見上げると、一番上には、制震装置がのり、その下にはアンテナが着いているのがわかります。

 

 

 

 

 

 

Photo_3

吾妻橋のそばには、鉄チャンごのみの撮影スポットがあります。

スペーシアとスカイツリーです。ちょうど電車が徐行する場所ですので、しっかりと撮れました。

 

 

 

 

 

Photo_4

そして、浅草へ、さすがに、まだ10時なのに、人がでていました。このにぎわいは、正月ぐらいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_5

昨年は、どうもパッとしない年でした。今年は、どんな年になるのでしょうか。この年齢になって先が読めない人生は、世の中あまりよくないことの証拠でしょうか。信頼するべきものがだんだんとなくなってきているようです。

そうはいっても、まだやらねばならないことが、山積しています。これから、どれだけこなせるやら、

浅草寺でお祈りしてきました。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ