« 『仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護』展から | トップページ | ヤバイ!! »

2011年2月13日 (日)

滋賀・奈良・大阪旅行

 2月11日・12日と出かけてきました。以下旅程です。

  • 2月11日
  • 米原→彦根→玄宮園→彦根港→竹生島→彦根港→彦根城→
  • 安土→滋賀県立安土城考古博物館→近江八幡→京都→奈良→
  • なら瑠璃絵(浮雲園地→新公会堂庭園→法華堂→二月堂→奈良博→興福寺)
  • 2月12日
  • 新公会堂→水谷茶屋→若草山麓→手向山八幡宮→法華堂→二月堂→講堂跡→
  • 大仏殿→日吉館→近鉄奈良駅→当麻寺駅→
  • 当麻寺(曼陀羅堂→金堂→講堂→西南院→奧院)→当麻寺駅→
  • 阿倍野橋→四天王寺(伽藍→宝物館)→大阪歴史博物館→
  • 大阪城→大阪市中央公会堂→新大阪

Photo

雪で電車が動かなくなるとおもったら、JRの始発電車が人身事故で止まり、しかたなく東京駅へは地下鉄で、後は順調に予定をこなすことができました。

彦根はそれほどの雪ではなかったようです。船が10時半出航なので、その前に玄宮園へ。修復中だったにもかかわらず、なかなかの庭園でした。季節の良いときに、再訪してみたい庭です。

竹生島は彦根からだとおよそ40分です。出航すると、正面にすぐ竹生島だとわかる島が見えました。船からみえる建物がすべてです。70分の滞在時間も持て余しました。

 

Photo_10

彦根城は2回目ですが、今回はじっくりと、櫓の内部も見てきました。やはり洗練された城です。

安土城考古博物館は『近江の観音像と西国三十三所巡礼』展を見るためです。浄信寺の清水寺式千手観音画像がありました。メインは来迎寺の聖観音立像です。この切れ長の目は異様です。

 

 

 

Photo_2

奈良には、「なら瑠璃絵」のはじまる17時30分に到着しました。急いでホテルにチェックインして、まずは浮雲園地へ。人がかなりでていました。奈良は前日に11センチも雪が降ったそうで、建物の屋根は真っ白でした。

 

 

 

 

 

Photo_9

奈良博の新館の壁を使って、映像を映し出す演出は、おもしろい発想です。

確かに、LEDの光の絵は、すばらしいですが、もっと違った演出を考えないと、長くは続かないとおもいます。これだけの人が出ていながら、どれだけ奈良にお金が落ちているのでしょうか。関西圈の人は日帰りでしょうから。

私にとって、うれしかったのは、法華堂と奈良博が夜間にも開いていたことです。奈良で夜も仏像に出会えるのは、実に時間の有効活用でした。

Photo_3

次の日、奈良市内の雪景色を見たくて、朝一番で歩きまわりました。昔、学生時代に正月を奈良で過ごした時、ちょうど帰る日に奈良に雪が降り、一日のばしたことがありました。奈良の雪はそれ以来です。

 

 

 

 

 

Photo_4

当麻寺も学生時代以来です。金堂の四天王立像をじっくり見てきました。

 

 

 

 

 

 

Photo_5

大阪は以外とあまり訪れたことがありません。四天王寺もはじめての訪問です。建物がRCということもあってでしょうが、近くに金剛組の本社ビルがありました。ここが創業の地なのでしょうか。

 

 

 

 

 

Photo_6

大阪歴史博物館は、高層ビルの6階から10階までを使っています。最近流行の映像や、レプリカをつかった、視覚にひたすら訴えるという展示構成になっていました。現物の展示をできるだけ少なくしてということでしょうが、どうも演出にコリすぎというところです。大阪市の新指定の仏像が数体ありました。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_7

大阪城も実は、はじめてでした。さすが、すばらしい縄張りです。廻りをグルッと一周したかったのですが、時間がなく一部だけでした。

Photo_8

日が落ちる頃に、中之島に着けば、ひょっとして中央公会堂の特別室が使われているのなら、中の照明がついて、外からでもステンドグラスが色鮮やかに見えると予想したのですが、残念ながら、特別室は使われていませんでした。中に入ると、ちょうど警備員が特別室の点検にはいっていくところでした。扉をあけたときにちらっと見ることができました。それでもすばらしいことがわかりました。年に一回の観覧日に申し込みをしないとやはりだめかな。

そんなこんなで、顔に冷たい風を受けながらの旅行でした。ひとつ残念なのは、奈良に着く時間が遅くなって、アカダマに寄れなかったことでした。でも、今年いっぱいやっているということなので、またの機会にということで。

« 『仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護』展から | トップページ | ヤバイ!! »

旅行」カテゴリの記事

コメント

なら瑠璃絵のブログ検索で訪れました。私は信貴山の麓に住んでいますが
2日間のタイトな旅行、面白く読ませていただきました。

毎回、ハードなご旅行お疲れさまです!
竹生島なんて、シブイですね。何しに?
ところで、尋ねるのもちょっと怖いのですが、日吉館の跡はどうなってました?
それと、「アカダマ」も店を閉めちゃうんですか?

 日吉館の建築中の写真を撮ってきたのですが、載せませんでした。現在もう屋根も外壁もできていました。あとは内装をするだけのようですので、1~2ヶ月で完成するでしょう。まわりの景観に配慮した外観になるようです。

 「アカダマ」は年初のブログで、年内は土日のみ開き、その後閉めるそうです。何だか、有名な喫茶店の閉店にまた、立ち会わなければならないようです。

 中西様、コメントありがとうございます。「なら瑠璃絵」の写真は他のブログで数多く載せていますので、それを参照してください。シロートの写真はうまく撮れていないことのほうが多いので、この程度にしておきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護』展から | トップページ | ヤバイ!! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ