« 阿修羅の天衣 | トップページ | ある縁 »

2011年6月25日 (土)

東京国立博物館の彫刻

Photo

 東京国立博物館の常設展を見てきました。彫刻室にはいると、入口には、四十八体仏のひとつ1光三尊像がありました。

今回の常設展の彫刻のチョイスは、銅造をとりあげていたようです。善光寺式三尊、那智経塚出土観音菩薩像、など、数点がありました。

もちろん木彫像もありましたが、今回は、館所蔵品が多く、撮影可がいつもより多くありました。

もっとも、場内は照明をかなり落としているので、なかなかうまく撮れません。

おまけに、いつもスケッチをしているオジサンがいて、近くで写真をとろうとすると、どなりちらすので、ゆっくりと見ることができません。

Photo_2

善光寺式三尊像は、2階にも、いわき市の旧如来寺像があり、合計3件の善光寺式像が見られました。

いわゆる、おなじ見本でつくられているのに、細部ではこうも違うのかといつもおもいます。

 

 

 

 

 

 

Photo_3Photo_5

Photo_4

 

 

 

 脇侍の宝冠の模様も正面の水瓶、化仏はおなじでも、横の模様は違っています。

その他、気がついたことが何点かありました。

四十八体仏の三尊像の光背には、蓮華化生の仏像の表現がありました。

 

Photo_6

また、康円作の文殊五尊像の、文殊菩薩像の光背には、左右に迦陵頻伽が彫刻されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_7

以前、書いたことがある、不動明王立像の腰巻ストールについて、よく見ると、2枚着けているようです。あるいは、1枚を折り返しているのかもしれませんが、こういう例はやはり、見たことがありません。

これが、鎌倉時代になると、大報恩寺像のように腰布をして、さらに、腰巻ストールを着けるという着衣になるのでしょうか。 よくわかりません。

« 阿修羅の天衣 | トップページ | ある縁 »

仏像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阿修羅の天衣 | トップページ | ある縁 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ