« 京都・滋賀・奈良の旅(第2日目) | トップページ | 不空羂索観音合掌手の水晶珠 »

2011年10月15日 (土)

京都・滋賀・奈良の旅(第3日目)

3日目は、朝早くでて、近鉄で生駒へ、そこからケーブルカーにのって宝山寺に着いたのは、8時前でした、寺の従業員が朝の掃除をしている最中でした、もちろん参拝客は数人しかいませんでした。

Photo

寺の境内をざっとみても、まだ開館の8時になりませんでしたが、獅子閣で準備をしている人に頼み込んで、時間前に中を拝観させていただきました。

獅子閣は明治17年に竣工した擬洋風建築です。建物は迎賓館(客殿)として建てられたようです。1階は板敷の洋間に和室があります。2階は和室が2間あります。1階2階ともにベランダを設けています。

 

 

 

 

 

 

Photo_3

色硝子は1階の洋間に3個所、半円の欄間と、両開きのドアに6枚はいっています。そのほかの窓も透明のガラスが嵌っていますが、すべて見てみましたが、ほとんどが創建当初のガラスのようです。泡が細長くのびているのは、手吹き円筒法の製法によるものです。

 

 

 

 

Photo_2

説明では、オランダ製だということですが、入れ替えたガラスが見あたらないのは、建具も含めて、実に手入れがよかったのだろうとおもいます。

その当時、日本の宮大工の技術が新しい洋式にも容易に対応できる技術をもっていたという証拠のような建物でした。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_4

いそいで、奈良にもどり、東大寺ミュージアムに着いたのは、開館15分前の9時15分でした。およそ100人前後が並んでいました。中にはいると、第2室に、不空羂索観音と日光・月光菩薩がありました。その前で開館の法要が営まれていました。法要中は、正面の高さが3~5mもあるガラスのスクリーンを開いて、直接不空羂索観音を拝観できました。

ミュージアムは展示室が5部屋で、東大寺にしては、展示スペースがせまく、展示品がおもったより少ない印象でした。膨大な文化財があるのに、この程度の展示スペースでは、いったいどれ程公開できるのでしょう。

もっともこの建物は、ミュージアムだけではなく、図書館、ホール、会議室、研究所などが入っており、結果この程度の展示スペースに落ち着いたのでしょうが、長期的には、展示スペースの拡充がせまられるのは、時間の問題でしょう。

そんなわけで、奈良博で展示してあった仏像などが、ここに戻ってきた程度で、メインの不空羂索観音、日光・月光菩薩以外は、あまり印象がありませんでした。

Photo_5Photo_6

Photo_7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近鉄奈良駅にもどり、西大寺から平端にいきました、そこから15分ほど歩くと、額安寺があります。この寺のよみは“かくあんじ”と濁らない読みだそうです。

境内には、本堂の外、収蔵庫が2棟建っています。1棟は虚空蔵菩薩像、もう1棟は忍性の骨蔵器を入れている建物です。虚空蔵菩薩像はガラスケースに収まっていますが、どの程度の補修がはいっているのか不明で、奈良時代にしては、彩色があまりにもきれいすぎの印象でした。

Photo_9

近鉄平端駅にもどり、橿原神宮前で下車。駅前でレンタサイクルを調達して、まずは、万葉文化館へ。

飛鳥地方3館で、“飛鳥・藤原ミュージアム・ネットワーク”として、特別展を同時開催しているのですが、開催時期が合っていないので、飛鳥資料館だけは、特別展が見られませんでした。どうもちぐはぐです。

 

 

 

 

 

 

Photo_8

万葉文化館では、「大飛鳥展」が開かれていました。この展覧会は、明日香村所在の仏像が出品されており、初見の仏像も多くありました。例の盗難からもどったという向原寺の観音菩薩像もありました。

そこから、飛鳥寺を通過して、飛鳥資料館へ、ここでは、10月14日からの特別展なので、平常展のみを見学。

自転車で藤原京跡を通って、橿原考古研博物館へ、ここの特別展は「仏教伝来」という名称ですが、考古学的な観点によって、構成されていますので、展示品で仏像は塼仏がどうしても中心になってしまいますが、昨今の調査の成果で、かなりの数の発見がありますので、この辺で、しっかりと整理してほしいものです。

というわけで、橿原神宮前にもどり、特急で京都へ。

今回は、展覧会カタログの重さが、ズッシリとリュックの肩を食い込ませました。

« 京都・滋賀・奈良の旅(第2日目) | トップページ | 不空羂索観音合掌手の水晶珠 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・滋賀・奈良の旅(第2日目) | トップページ | 不空羂索観音合掌手の水晶珠 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ