« ボランティア | トップページ | 京都・滋賀・奈良の旅(第2日目) »

2011年10月11日 (火)

京都・滋賀・奈良の旅(第1日目)

 10月8日~10日に旅行してきました。今回は、3回に分けて、ご報告します。

まずは、第1日目

京都駅から、嵯峨野線に乗り換えて、嵯峨嵐山駅で下車。徒歩でまずは、大河内山荘へ。

Photo

大河内伝次郎という役者は、すごい人物です。これが一個人が造った庭園とは、ただただ驚きです。

紅葉の時期に是非とも訪れたいところですが。

そこから、渡月橋をわたり、阪急で、松尾大社へ、神像3軀をまじかに拝観。この神社の境内にはいたるところに庭園があり、すべて、重森三玲の作だそうです。いささか食傷ぎみですが。

さらに、阪急で大山崎下車、お迎えの車で、アサヒビール大山崎山荘美術館へ。

Photo_2

この洋館には、ステンドグラスが嵌っていましたが、透明に近い色硝子を使っており、教会のステンドグラスを思わせるデザインで、住宅にはちょっと違和感がありました。

Photo_3

この美術館の新館部分は、安藤忠雄の設計なのですが、円形の展示室を地下に埋め、そこに行く通路に長い階段を造っています。外観は、木々の中に埋もれていますが、この階段が安藤のアピールするところなのでしょう。

この、美術館のすぐとなりには、宝積寺があります。美術館からは、三重塔の相輪が見え隠れしています。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_4

宝積寺には、閻魔大王以下眷属像が4軀あり、なかなか優れた仏像でした。

 

 

 

 

 

 

そこから、今度は、JR山崎駅より、京都へもどり、そこから徒歩で西本願寺方面へ、住所をたよりに、龍谷ミュージアムをさがしたところ、なんと、西本願寺の目の前にありました。

Photo_5

これが、大学附属の博物館かと信じられないくらいの設備です。展示スペースも広くとってあり、地下の中庭やエントランスホールも、じつにゆったりとした空間を確保しています。そして、ショップや喫茶店まであり、観光スポットを意識しているようです。普通の都道府県レベルの博物館とすこしも遜色がありません。

まして、展示内容も、大学で所有しているものもかなりあるようで、しかも、宗派系列の寺院からの展示も多く、見せる物には、事欠かないのかなといった印象でした。

いそいで、京都駅にもどり、近鉄で奈良へ。

Photo_6

夕方、5時すぎに到着し、すぐに、“アカダマ”へ。6時閉店なので、客が少なくなったところで、室内の写真を撮らしてもらいました。今年中に、もう一度奈良に来られるかわからないので、最後のコーヒーになるかもしれません。

マスターとも、40年も通っていながら、ほんのちょっとしか話をしていません。でも、帰り際にマスターから、記念品をいただきました。

長い間ご苦労様でした。また、どこかで、お会いすることがあるかもしれませんね。

と言って、アカダマを後にしました。

 

 

 

 

 

Photo_7
もうひとつ、奈良で気になっている場所、日吉館がどうなっているのかでした。

Photo_8
建物は、もう奇麗に竣工していましたが、2階部分のテナントを募集していました。

ということは、1階部分は、もうテナントが決まったのでしょうか。

« ボランティア | トップページ | 京都・滋賀・奈良の旅(第2日目) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボランティア | トップページ | 京都・滋賀・奈良の旅(第2日目) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ