« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

今年見た銅像

 もう大晦日です。恒例の今年を振り返って見ました。

今年もいろいろなところに行きましたが。どうも更新の回数が減り気味です。いささか怠け心がついてきたのかもしれません。充分に反省すべきところです。

今年、撮り貯めてきた画像をざっと眺めていると、今年は仏像の写真があまりとれていないのに気がつきました。せいぜい東博や奈良博の常設展に出ている仏像をむりやり撮ったくらいでしょうか。

それでなのか、特に都内の野外にある銅像を以外と撮っているのに気がつきました。それで、今年の〆は屋外の銅像を並べて、年越しといたしましょう。

Photo

まずは、元旦に撮った『勝海舟像』。向島のアサヒビール本社の敷地に建てられていたものです。建立は平成15年です。勝海舟は、両国の生まれですから、この向島には何の縁もないはずですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_2

皇居の周りには、いくつかの銅像があります。まずは、九段の田安門の入口に大山巌像と品川弥二郎像があります。また、北の丸公園の、近代美術館と工芸館の間の首都高沿いに、北白川能久親王像があります。

 

 

 

【大山巌像】大正9年建立

 

 

Photo_12

 

 

 

 

 

 

【品川弥二郎像】(建立年不明)

 

 

 

 

 

 

Photo_4 【北白川能久親王像】明治36年建立

 

Photo_5

湯島聖堂は、建物も日本の社寺建築とは違った、非常におもしろい様式を持っていますが、その敷地に孔子像があります。これは、昭和49年台湾のライオンズクラブから寄贈されたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_6

上野公園には、小松宮彰久親王像があります。この像の前をしょっちゅう通り過ぎるのですが、西郷さんの銅像と同じく、詳しく見たことがありませんでした。明治45年の建立だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_7

浜離宮の中に、変わった銅像がありました。可美真手命像というのだそうです。読みは“うましまでのみこと”というのだそうですが、この神様は古事記に書かれているのでしょうが、この神様の記憶がありません。あまり印象になかったのかもしれません。明治27年建立。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_8

千葉県の山武市郷土資料館へ成東駅から歩いていくと、伊藤左千夫を記念した公園がありました。その公園のメインは、『野菊の墓』の主人公、政夫と民子の銅像でした。平成3年の建立です。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_9ブログには書きませんでしたが、7月に宇都宮に行ってきました。上野記念館で、秋山記念文庫開館記念展を見るためでした。そう、あの秋山光和先生の蔵書を教え子が学長をしている文星芸術大学に寄贈した記念展でした。

その帰り道、清巌寺に寄ってみました。鉄塔婆(1312年)の安置してある収蔵庫はいつでも見られるようになっていました。セキュリティがしっかりしていれば、見張りの人がいなくても十分に公開できることのいい例かもしれません。

 

 

 

 

 

 

Photo_10

浅草寺の境内を散策していると、二体の銅像がありました。作者は太田久衛門正儀です。あの江戸六地蔵を作った仏師です。この仏師の作品は、都内にかなりあるようで、探すとまだまだありそうです。像は貞享4年(1687)作、安永6年(1777)修理。

 

 

 

 

 

Photo_11

京都の大河内山荘から、渡月橋にいく道すがら、公園の中に、角倉了以像がありました。昭和62年の建立です。

こう見てみると、都内には以外と銅像があるものです。いはば、近代彫刻です。たしか、このような銅像を集めた本もあった記憶があります。

もうすこし、掘り下げて調べるとおもしろいのかもしれません。

というわけで、平成22年もあと十数時間です。この一年、何か結果を残せたのかと思うと、恥ずかしい限りです。

来年はもうちょっと気合いをいれなければとおもいます。

読者の皆様よいお年を。

2011年12月25日 (日)

厚木市古民家岸邸

Photo

 本厚木駅から、バスで40分ほどの停留所で降りてから、数分歩くと、黒塀に囲まれた屋敷があります。入口は薬医門で、明治19年に建てられたそうです。

岸邸は、もともと養蚕農家だったらしく、主屋の間取りは伝統的な六間取りで、2階建の瓦葺きになっています。

Photo_2

主屋は明治24年の建築だそうですが、その後、増築や、改造をくりかえして、つい最近まで所有者が住んでいたとのことです。平成10年に岸氏から市に寄付され、翌年から公開しているのだそうです。

まず、普通の通用口は、土間になっています。その横に正式な玄関がありますが、木材は、銘木を各所に使っています。

Photo_3

2階の座敷の妻の縁側に、市松模様に配置した、赤色のガラスを嵌め、それ以外は、結霜ガラスを入れています。

外の景色は、赤色のガラスから眼にはいり、結霜ガラスで、アクセントをつけているようで、いわゆる普通の窓から見る風景とは異質な感覚にとらわれます。

 

 

 

 

Photo_4

南の縁側のガラス戸の下にあるはめ殺し窓の枠には四方に装飾をほどこし、結霜ガラスを入れています。

 

 

 

 

 

 

Photo_5

2階の増築部分の洋室にも、その窓は、赤色ガラスと結霜ガラスの市松模様を基本としたデザインに統一しています。

Photo_6

2畳もないような女中部屋の窓にも、同じように赤色ガラスを使っています。

Photo_7

1階増築部分の便所も、さらに凝った造りになっていました。窓のデザイン、ガラスの模様まで、ひとつひとつ吟味した材料を使っています。

使っているガラスを見てみると、創建当初のガラスはあまり残っていないように思われましたが、戦前の改修、増築で、使われたガラスでも、これだけ残っているのは、注目に値します。

補修した型ガラスも見かけない柄でしたし、結霜ガラスも多用していました。

それにもまして、赤色ガラスを様々なところで使うという感覚は、和風建築にどういう風にマッチするかを吟味した結果でしょうが、実に斬新な感覚です。

明治以降の伝統建築をつくる大工は、ただ、昔の様式を踏襲するということではなく、新しい感覚を導入していくという冒険をしていかないと、生き残れなかったのかもしれません。

そういう意味で、明治以降の大工の時代感覚の敏感さに敬意を表せざるをえません。

Photo_8

2011年12月23日 (金)

模様入りスリガラス

 先日訪れた民家は、ふじみ野市立福岡河岸記念館が正解でした。上福岡市と大井町が合併して、ふじみ野市となったためです。

Photo

さて、その福岡河岸記念館には、さまざまな模様のスリガラスがありました。その中で、1階の引き違い障子の中央に2枚嵌っている柄が気になりました。どこかで見たことがあると思い、データを探してみると、高橋是清邸の障子に嵌っているガラスと模様が同じでした。

 

 

 

 

Photo_2

Photo_7

もうひとつ同じ例を見つけました。先日見てきた、厚木市古民家岸邸の土間に嵌っているあかり取りの窓です。市松模様で、色硝子をはめていますが、それ以外のガラスがこの模様です。

この建物については、後ほど詳細に報告しようとおもいますが、建物は明治24年に建てられています。しかし、かなり補修が入った建物なので、このガラスが当初かどうかはわかりません。

 

 

 

 

Photo_8

高橋是清邸は、明治44年、赤坂に建てられた木造の和風建築です。現在、小金井の江戸東京たてもの園に移築されています。

3つとも、建物は明治時代に建てられています。新築当時から、ガラスを入れ替えていなければ、このガラスの模様は、すでに、明治時代にパターン化していて、しかも、そういうガラスを加工する工房か工場があったということになります。

 

 

Photo_4

福岡河岸記念館の建物に嵌っている他の模様入りスリガラスをみてみると、模様のついたガラスを外国から輸入したとも考えられますが、模様は松葉や、紅葉柄、鶴亀紋など和風柄です。これらは日本古来の伝統的な模様なので、加工は国内でされたと見るべきでしょう。

国産の板硝子が生産されたのは、明治42年のことですから、すくなくとも、輸入ガラスを加工する技術をもった工場が国内にあったということになります。

この加工されたガラスをみると、いわゆる手吹き円筒法による泡だらけのガラスのようではありません。すでに、外国で開発された機械吹き円筒法によるガラスのようでもあります。

 

 

 

 

 

Photo_5

それにしても、模様柄には、さまざまなパターンがあったようです。おそらく見本帳のようなものがあって、施主はそれを見て、発注したのだろうと想像されます。

 

 

 

 

 

 

Photo_6

こういう模様入りのスリガラスは、一般家庭にもかなり普及したようです。昔の縁側のある家では、廊下と座敷の間に障子ではなく、ガラス戸をつけるようになり、しかも、全然外が見えないスリガラスではなく、一部分に透明部分をのこした模様をつけたガラスをはめたのです。

また、和室には雪見障子をつけ、そのガラスには、紐状の縁を装飾したガラスをよく入れていました。

これを業界では、“紐抜き”といって、そういう加工を専門にする加工屋が昭和50年代にはあった記憶があります。

こういう技術は、時代の流れでしょうか、もう消えつつあります。

2011年12月18日 (日)

上福岡市立福岡河岸記念館

Photo

 先日、埼玉県上福岡市にある福岡河岸記念館を見てきました。ここは福田屋という回船問屋の住宅で、明治時代に建てられた、主屋と、文庫蔵、離れなどの建物が残っています。

その中で、明治33年に建てられた木造3階建の“離れ”の建物が、今回の注目でした。建物自体はそれほど大きなものではなく、2階・3階は各10畳の和室と床の間、そして2方向の濡れ縁がある平面で、主に接待用に使われた建物のようです。

 

 

 

 

 

 

Photo_2

 

構造は6本の通し柱を用いた建物なので、しっかりとした造りになっているようです。3階建というのは、福岡河岸を上から眺められるための設計意図があったと思われます。また、2階・3階の雨戸は上半分に硝子をはめ込むという形をしています。おそらく、採光を考慮してのことでしょうが、大変珍しい仕様です。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_3

 

建物の意匠を見ると、3階の2箇所の窓の引き戸には、市松状に緑色の硝子をいれています。これは3階のみです。

 

 

 

 

Photo_4

 

2階の窓にははまっていませんが、建具は赤と黒の漆を塗っています。その他にも、欄間の窓枠に漆を塗っている建具があります。

 

 

 

 

 

Photo_5

 

内部の障子も硝子をいれ、戸の中央には、模様付のスリガラスが入っています。ガラスの表面にマスキングをして、模様を切り抜いて、サンドブラスト加工をするというのは、業界では“紐抜き”といっていましたが、もうその需要がすくなくなってしまいました、雪見障子によく使われたのですが、それもなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

Photo_8

内部のガラス障子の上の欄間には、一枚板に3から4個の模様をくりぬいた板がはめられています。この模様が様々な種類の形で、何か見本帳をみているようです。

サンドブラストによる、ガラスの模様も、松葉だったり、紅葉だったり、あるいは鶴亀の模様だったりと、バリエーションが豊富です。

 

 

 

Photo_6

さて、3階の緑色の硝子ですが、いままで、いくつか紹介してきた、擬洋風建築で使われた色硝子の使い方と共通するものです。鉛でつないだステンドグラスが日本で知られる前の装飾方法なのでしょう。

細部を見てみると、泡が細くのびているのが見受けられますので、明治時代の手吹き円筒法によるものだとわかります。創建当初としてもいいのでしょう。もちろんこれは舶来品です。

他のスリガラスですが、詳細に見ることができませんでしたので、手吹き円筒法によるものかは判明しません。スリガラスの加工法は、すでに明治時代に導入されているようなので、その判定はますますむずかしいことになるのでしょう。

ただ、模様付のスリガラスと比べてみると、スリ具合に多少濃淡があるようです。

Photo_7

3階建の木造を建てた大工は、一体どんな人物だったのでしょう。外観を見ると、1階・2階に瓦屋根をつけ、それを支えるのに、寺院の斗栱を模したような厚い板を使っていますが、これは柱に枘で取り付けたもののようで、寺院の塔などで使われる構造的に軒を支えるという機能にはなっていないようです。

おそらく、この大工は、いわゆる神社仏閣の建築を手がけた宮大工ではないようです。ただ外観だけ模倣したもののようです。

それにしても、その当時としては、最先端の技術と、最高の材料を使おうとしたことは理解できます。

2011年12月12日 (月)

2つの同窓会

Photo

 7月に、40数年ぶりに、高校のクラス会に行ってきました。場所は新宿の中村屋でした。確か、大学を卒業してからは、何度か会を開いていたようですが、その間、一度も参加しませんでした。というのは、私の高校生活には、あまりいい思い出がなかったと思いこんでいたのと、何かクラスの仲間とは会うことに気後れがあったからでした。

今回は、幹事が自ら連絡をくれたりして、義理でも出ないわけにはいかなくなってのことでした。また、クラスの仲間が病気でなくなり、その偲ぶ会をかねてということもあって出席することにしました。

会場につくなり、やはり、予想が的中しました。顔をみても、名前が浮かばないのです。今回は、故人の友人のほかのクラスの人も出席したりしたので、50人近い出席者でしたが、その半分も思い出さないのです。

時間の経過とともに、すこしづつ記憶がよみがえってきましたが、それでも、隣の人と何を話したらいいのかその話題がでてこないのです。

おそらく高校2・3年の2年間に、それほどの濃密な関係を持つ人がクラスにはいなかったのかもしれません。昔の話が途切れてしまうのです。

もう、出席者は功なり名を遂げた人が多いので、それなりの余裕を持った年代になったためでしょうか、その雰囲気が、私にとっては、非常に居心地の悪さを感じてしまいました。

Photo_2

もうひとつ、先日、大学のサークルのOB/OG会がありました。この会は、単なる同窓会ではなく、現役も出席して、現役とOBの交流の場としての機能を持たせた会でした。

2年に1回の開催ですが、準備はすべて現役の学生にやってもらっています。もう2~30年も続いているでしょうか、よく現役生は、継承して開催をしてくれています。ほんとに、現役の諸君には感謝のしようがありません。

これが、卒業生が主催する卒業生だけの会だったとしたら、もうとっくに0B/OG会は消滅していたでしょう。

サークルの性質から、運動部のように何かひとつの目標をもって活動していた団体ではなく、まとまりができにくいのは、いたしかたないことなのですが、結局、上下2~3年の間の顔見知りがいなければ参加できないことになってしまうのです。

Photo_3

つまり、共通の話題が少ないと、見知らぬ出席者と話ができないのです。

そんな、不安定な会であっても、30年以上も続いてこれたのは、現役生との交流があったからだと思います。現役生にとってはOB/OGのおじさん、おばさんと話を合わせなければいけないのは、苦痛かもしれませんが、いずれOB/OGになるので、予行演習のつもりでいただければと思っています。

それと同時に、OB/OGにもすこしづつですが、変化が見られるようになりました。最初の頃は、OB/OGも、現役生に声をかけることもできませんでした。また、現役生もOB/OGに変な遠慮があって、ぶつかっていこうという勇気もないようでした。もっとも、OBも現役生に真正面からぶつかってこられたら、それに堂々と受けることはできなかったでしょうが。

OB/OGにとって、単に昔の仲間に会えるというだけが、OB/OG会ではないということが、すこしづつですが、理解されてきたのかなと思いました。

つまり、共通の話題がない同窓会は、結局、長くつづかないのです。昔のことを語り合う会は、仲間うちでやればいいことです。でも、話は尽きてしまいます。その後は、どうしたらつづくのでしょうか。

Photo_4

OB/OGのするべきことは、昔の仲間との交流だけではなく、いかに後輩諸君に、その経験を伝えることだと思うのです。

また、見知らぬOB/OGであっても、積極的に話をすれば、それだけ人脈がひろがります。それだけでも価値あることだとおもいます。

こういう世代を超えた交流の機会がある同窓会は、何か新しい発見の場であると意識して、ふるって参加してほしいとおもうのですが。

2011年12月 3日 (土)

『日本の美術』分野別論文等目録

Photo

 やっとのことで、『日本の美術』分野別論文等目録を『春秋堂文庫』にUPすることができました。

10月に休刊してから、できるだけ早い時期に掲載しようとおもいましたが、いままで入力したデータベースには問題がなかったのですが、HTMLに変換するときに、不具合が見つかり、手間がかかってしまった上に、病気入院というアクシデントも重なって、時間が経過してしまいました。

何とか、掲載にこぎつけましたが、そんな具合なので、校正がまだ不十分のようです。入力間違いなどがあるかと思いますが、読者様には、どんなことでも、指摘いただければすぐ修正いたしますので、よろしくお願いいたします。

さて、この『日本の美術』の目録は、題名のみでは、最終刊で、掲載されていますので、編著者名で並び替えたデータを、まず掲載しました。

分野別に分類したことについては、多少見解の相違もあるかとおもいますが、複数の分野に載せることで、目的の雑誌にたどり着きやすくしました。

『地域別彫刻所載文献目録』も、最終掲載日から、1年以上も経過しており、入力が滞っています。これからは、新刊の本を中心に入力作業をすすめていこうかと思います。

最近は、博物館・美術館で、仏像が出品される機会が多くなり、そのために図録に仏像の写真・解説が掲載されており、なかなかそれを掌握することがむずかしくなっています。

できるだけ、その展覧会に足を運ぼうとはおもいますが、むずかしいことが多々あります。

できれば、そんな情報をいただければ、この文献目録がもっと充実するとおもいます。

読者の皆様のご協力を切にお願いしたいところです。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ