« 播磨、大和、京都の旅(二日目) | トップページ | 金環日食 »

2012年5月 4日 (金)

播磨、大和、京都の旅(三日目)

Photo

 最終日は、まず、京都駅で、荷物をコインロッカーに預け、バスで上賀茂神社に行きました。「京都非公開文化財特別公開」のイベントに沿って今日は巡ることにしたためです。

上賀茂神社など、京都北部は以外と行った印象がないので、どんな雰囲気なのかを感じたいと思ったのです。

 

 

 

Photo_2

次の下賀茂神社や糺の森もどんな所なのかを味わいたいと思いました。
京都の中心部と違って、ゆったりとした敷地にある神社は、それなりの宗教的な雰囲気を醸し出していました。それなりの由緒をもった場所なのでしょう。

 

 

 

 

Photo_3

出町柳から京阪で、三条へ。駅の目の前に、檀王法林寺はありました。町中のせまい敷地にあるお寺ですが、楼門をみると、四天王像が安置されています。金網ごしですが、なかなかの仏像です。時代は鎌倉までいきそうです。こんな仏像がほとんど屋外にちかい楼門に安置してあるのは驚きです。

 

 

 

 

Photo_4

三条から、七条で降りて、京都国立博物館へ、特別展は見ずに、ミュージアムショップへ。
三十三間堂の横の道を通り、妙法院南大門の手前に、法住寺がありました。
法住寺は平安時代には相当大きな敷地を持った寺院でしたが、現在はひっそりと建っていました。

 

 

 

Photo_5

ここから歩いて、法性寺へ、ところが、法性寺の前には人だかりがしています。なんと入場制限をしているのです。
法性寺は、院生のとき修論執筆で、10世紀の仏像を見て回るために、手紙を出して許可をいただいて訪れたことがありました。入口が京都の町屋のような造りになっていた記憶があります。安置されていた千手観音像も普通の座敷にある厨子の中にあったと思います。
国宝がこんな所にあったのかという記憶があります。
ですから、こんなに人が多ければ、じっくりと見られないのは予想できました。
それで、すぐにパス。

Photo_6

JRで宇治へ。平等院へ。去年も来た記憶がありますが、相も変わらず人出が多く、まずは、鳳翔館に入りました。展示は、ほとんど変わりませんが、ひとつ、鳳凰堂内部の扉絵を再現した部屋がありました、内部の半分だけですが、鳳凰堂内部の扉絵で来迎や帰り来迎の絵など装飾の様子がよくわかりました。
この鳳翔館で売っている紀要の最新号には、なかなかおもしろい論文がありました。また、本尊の阿弥陀如来像の修理工事報告書も販売していました。

 

 

Photo_7

時間に余裕があったので、久しぶりに、この宇治近辺の散策をしてきました。
まずは。塔ノ島の十三重塔、対岸に渡って、興聖寺、宇治神社、宇治上神社、そして、宇治市源氏ミュージアムへ。
市営にしては、じつに凝った演出をした博物館です。いはば観光コースに組み込まれた場所として機能させようとしているようです。
本当は、もうひとつの市営である、宇治市歴史資料館へ行きたかったのですが、ちょっと遠い場所にあるので、今回はここですましました。
宇治橋断婢のある橋寺放生院は、昔あまりいい印象がなかったので、今回もパス。

Photo_8

京阪で、黄檗へ。萬福寺へいきました。伽藍の廊下を歩いていると、何やらお経を読んでいる声が聞こえてきました。
大雄宝殿で、読経をしている最中でした。木魚を小刻みにたたいて、調子をとり、多少の抑揚をつけて10人程度の僧侶が声をあげていました。あとで調べてみると、梵唄といって、黄檗宗独特の経典の読み方で、中国語読みだそうですが、現代の中国語とも違うようです。
しばらくすると、住持らしき人が堂内にはいり、五体投地をして、すぐに出て行きました。
その間も、別の僧たちはずっと読経をしながら、場所を替え立ったり、坐ったりしていました。

 

 

Photo_9

そうこうしている間にいつのまにか、外は雨が降って、時雨れていきました。

 

 

 

 

 

 

Photo_10

« 播磨、大和、京都の旅(二日目) | トップページ | 金環日食 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

  毎回お疲れさまとお察し申し上げます。平等院は、今年の9月3日から、平成26年3月31日まで、鳳凰堂修復のため、内部拝観が出来なくなるそうですが、何か掲示が出ておりましたでしょうか。12月の学生の古美術研修では予定しておりますので、代案をどうしようかと思っているところです。鳳翔館だけでも、やむを得ないかな。フジはいかがでした。咲いてましたでしょうか。

 平等院の藤は今年は時期がずれているようです。入口にことわりの掲示がありました。
境内の藤棚にも全然花が咲いていませんでした。わづかに、入口の前にある藤棚に2、3個咲いているくらいでしたが、外人観光客は藤がめづらしいのかそのかおりに感動していました。
今年9月からの拝観停止のことは、気がつきませんでした。最近の時間を区切って内部拝観させる方法は、どうもいただけません。常に人がいっぱいの状態で見せられるのですから。
仏像などは、鳳翔館に大体展示されていますので、本尊はのぞき穴ごしに見るのがよろしいかとおもいます。鳳翔館には、鳳凰堂内部の装飾を復元した部屋がありますので、その方がよくわかります。
そういえば、萬福寺の梵唄では、外人の僧侶がいました。お経のリズムが心地よくて、もう一度最初からずっと聞いていたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 播磨、大和、京都の旅(二日目) | トップページ | 金環日食 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ