« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月 7日 (月)

初旅

あけまして おめでとうございます。

本年もまた相変わらずのごひいきをお願い申し上げます。

4日、本年、初の日帰り旅行をしてきました。

場所は静岡です。

Photo_2
朝10寺に静岡駅に到着。N本君の出迎えをうけて、まずは、静岡市役所へ。

この建物は昭和の初めに建てられた建物です。中は議場になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_4正面階段の正面に大きなステンドグラスがありますが、これは、新しいもののようです。

サッシを入れ替えて、出入り口にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_5Photo_6 

 

 

 

 

 

 

 

 

議場の窓にあるステンドグラスは、両脇にある丸窓と、細長い5個所の窓に嵌まっていました。外から見た様子では、中心にエンブレムのようなデザインがあり、まわりにオパールセントグラスを入れているようです。残念ながら、年始のゴタゴタの時に行ったので、N本君のコネもきかず、議場内から見ることができませんでした。

N本君によると、小川三知の工房の作ということですが、よくわかりません。

Photo_7Photo_11

つぎに、今回の本命である、静岡市美術館で開催されている『近江巡礼』展へ。

仏像は10数体展示されており、大変見やすい配置になっています。

Photo_8その中で、気になったのは、大日寺薬師如来坐像です。10世紀頃の作ですが、上から膝部分を見ると、明らかに“半跏趺坐”です。

的野克之氏の解説では、‘左足を外にして結跏趺坐する薬師如来像’と書いています。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_9近くの駿府城へ。復元された、二の丸東御門と巽櫓を見学。このお城は、中の堀を埋めてしまったために、お城らしい復元はむずかしいようです。

 

 

 

 

 

 

Photo_10帰りの時間が充分にあったので、駅の近くの新光明寺へ。ここは、ビルの中の1フロアにお寺があります。

玄関を入ると、正面に阿弥陀如来立像は安置されていました。調査で、内部に納入品のあることが判明しており、快慶の可能性があると言われた仏像です。

しかし、最初に見た印象は、眼の形が全然違っていました。快慶はこんな眼の形をしていません。

 

 

 

 

 

 

今回の旅行は、よくばらずゆったりとした旅でした。ひさしぶりのN本君は去年退職してフリーになったそうです。学生時代の‘ヒマ本’にもどったといっても、まあ、学生時代と違って浮世のしがらみは残りますが。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ