« 東京都庭園美術館 | トップページ | 三都旅行(大阪編)大阪市中央公会堂 »

2015年8月 1日 (土)

横浜のステンドグラス

 神奈川県立歴史博物館へ『仏のすがた 祈りのかたちー県博の仏教美術ー』を見に行ったついでに、近所のステンドグラスを再度見ることにしました。

Photo
玄関入り口の天井にあるステンドグラスは、いつ見ても実にきれいです。ガラスの割れがひとちもありません。

南宋時代の”木造菩薩半跏(遊戯)像”という名称は、相も変わらずおかしいともおもわないのでしょうか。

そこから歩いて、横浜開港記念会館へ。ここのステンドグラスは、東日本大震災の後、見に行きましたが、その時から、さらに状況が悪くなっていました。

以前このブログで、修復後の取付方法に問題があることを書きましたが、その杞憂があたってしまいました。

横浜開港記念会館ステンドグラス施工法

では、ステンレス製の補強棒の取付方法に問題があることを指摘しましたが、東日本大震災でも、かなりゆれたようで、パネルの破損にまではいたらないものの、ダメージが見受けられました。

Photo_2
格子状に取りつけられた、補強棒に結ばれていた針金がパネルのゆれによってゆるんでしまっていました。こうなると、パネルの重量を支えるという補強棒の役割はなくなってしまいます。かといって、簡単にガラスをはずして、締め直すという費用も出ないということでしょう。

このままだと、パネルにゆがみがでることはまちがいありません。

横浜開港記念会館ステンドグラス(改修後)承前

で指摘したことが現実になってしまいました。

Photo_3

特に、正面向かって右の”箱根越え”のパネルは、透明ガラスの内側に施工時につけた吸盤のあとがはっきりと見えてきました。ガラスの内側は施工時に念入りにクリーニングしておくべきだったのに、今更どうにもなりません。

Photo_4
さらに、問題なのは、”内部結露”がおこりはじめていたことです。これは、枠とガラスの間に充填したシールにピンホールがあったため、湿気が中に入って内部のガラスを結露させ、その痕跡が残ってしまう現象です。今のところ枠のそばの一部でしか起こっていませんが、そのうち、ガラス全体が真っ白になってしまいます。

これらも、透明なガラスを一旦はずして、クリーニングしなおすしか方法はありません。といっても、3mもあるガラスを簡単にはずすには、それなりの費用がかかります。

これらの現象はあきらかに施工ミスです。どうするのでしょう?

次は山下公園に停泊している氷川丸へ。

一等特別室に嵌まっている小川三知のデザインといわれるステンドグラスを見学。

オウムの図柄のステンドグラスは、六角形の枠は鉛ではなく、真鍮のような金属をビスで組み立てその中にガラスを嵌めているといった、珍しい技法を用いていました。

Photo_6

Photo_7

もう一つの一等特別室は、草木の図柄ですが、椿の図柄は、いかにも小川三知らしさのする絵に見えました。

氷川丸は昭和5年竣工で、小川三知はすでに没していますが、田辺千代によると、デザインは残っていたようで、製作は、ベニス工房の天笠鐵五郎によるものといっています。

Photo_8

そして、もうひとつひさしぶりに、内田定槌邸へ。

Photo_5
ここのステンドグラスは、殆ど奇をてらわず、ごく標準的な図柄で、家の内部の意匠にうまくマッチしているようです。

« 東京都庭園美術館 | トップページ | 三都旅行(大阪編)大阪市中央公会堂 »

ステンドグラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都庭園美術館 | トップページ | 三都旅行(大阪編)大阪市中央公会堂 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ