« 広島・山口の旅 | トップページ | 備中高梁、岡山の旅 »

2015年9月23日 (水)

島根・広島の旅

 2日目は、朝7時に宿をでてひたすら走り、2時間ほどで津和野に到着。

Photo_2
民俗資料館、郷土館など大正時代の建物の外観から見ると、窓硝子は、殆どが透明とスリガラスで、板ガラスに関しては、見る物がありませんでした。
ふらっと入った、昭和4年の津和野カトリック教会の色ガラスには、当初と思われる泡入りのガラスがありました。

Photo_3
津和野の町からはなれた山間に、旧堀氏庭園がありました。

Photo_4
山裾に幾つかの建物を配置し、明治33年の「楽山荘」という2階建の客殿の前には池泉回遊式の庭園がありました。しかし、残念ながら、古い板硝子は見当たりませんでした。
紅葉の季節にはきっとすばらしいロケーションになるのでしょう。

山道をひたすら走り、益田市内のグラントワ内にある島根県立石見美術館へ。
『祈りの仏像』展を見学。

Photo_5
仏像は50体ほど出陳されていましたが、やはり、今回の目玉は新発見という奈良時代の木造観音菩薩立像でしょう。最近、奈良時代の木彫像がよく見受けられるようになりましたが、ちょっと違和感があります。
さらに、大寺薬師と古保利薬師堂の四天王立像が4体ずつそろっての展示は、なかなかのものでした。
唐時代から木喰の江戸時代まで、彫刻を網羅した展覧会でしたが、石見らしさという印象がどうも感じられないのです。地方的な独自の特色というのは、幻想なのでしょうか。

益田からは、191号線という山道をひたすら走り、北広島町(旧千代田町)の古保利薬師堂へ。ここは、45年前、友人と山陰山陽のドライブ旅行の折、拝観した仏像でした。
聞くと、この収蔵庫は、当時からあった建物で、この同じ場所で再会したのですが、全然記憶にありませんでした。

Photo_6
四天王立像4体は、つい先ほど石見美術館で見てきましたが、それ以外全てがありました。

Photo_7

Photo_8
中央の薬師如来坐像は、結跏趺坐をしています。この時代で、結跏趺坐というのは、逆に珍しいというべきでしょうか。

Photo_9
この収蔵庫のまわりには、講堂と称する集会所、ちいさなお堂が2棟ありました。
そのうちの阿弥陀堂をのぞいてみると、如来坐像がありました。どうも頭部が古そうです。

Photo_10
広島市内にはいる予定の時間に余裕ができたので、急遽、広島城へ。

Photo_11
上は、復元した二ノ丸の櫓。

Photo_12
その後、レンタカーを返却。2日間の走行距離は500kmになりました。

« 広島・山口の旅 | トップページ | 備中高梁、岡山の旅 »

仏像」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島・山口の旅 | トップページ | 備中高梁、岡山の旅 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ