« 今年を振り返って(平成27年)その2 | トップページ | 滋賀、奈良、大阪、神戸の旅 »

2015年12月31日 (木)

今年を振り返って(平成27年)その1

 毎年恒例の今年一年、さまざまなところに出かけていった記録を残そうとおもいます。2回にわけて、書いていきますが、ブログ再会の7月下旬以降は、本ブログを参照していただくということで、少々手を抜きます。もうすぐ来年になってしまうので、ご勘弁をしてください。

1月15日 東博~黒田記念室
 「みちのくの仏像」展。黒石寺、勝常寺、双林寺の薬師如来坐像がそろいました。しかし、図録には、この三体の仏像の坐法についてひとことも書いてありません。せめて、位置をひくくして、膝部分が俯瞰できれば、”半跏趺坐”と確認できるのですが。

新装なった、黒田記念室へ。

Photo_24

1月31日 宇都宮~栃木
 栃木県立博物館「下野の仏像と仏画」展。9体の仏像が展示。新発見の鹿沼市・清水寺 観音菩薩立像(10世紀)を拝観。

栃木市の横山郷土館へ、去年訪れた時は休館だったので、再度の挑戦です。

Photo_25
この建物は北側(向かって右)が麻蔵、明治42年。南側(向かって左)が文庫蔵、明治43年の建築です。この建物の奥の庭に大正7年の洋館があります。
この建物の中のガラスは和室に蜀江文が使われています。その他には、結霜ガラスも多くつかわれていました。
蜀江文は、おおよそ4種類の型があるようです。

Photo_26

Photo_27

Photo_28

Photo_29

2月13日 渋谷・長泉寺
 青山と渋谷の間に、長泉寺というお寺があります。そこに、最近区指定有形文化財になったばかりの清水寺式千手観音立像があるというのです。しかも6尺もある銅造鍍金で、享保4年(1719)の銘記まであるという。是非見たいと思っていますが。

Photo_30

2月28日 岡崎~桑名~白子~名古屋
 岡崎市が世田谷にあった本多忠次邸を平成24年移築して、公開しました。いわゆるスパニッシュ式の建物で、昭和7年竣工です。

Photo_47

 ステンドグラスの窓が計14枚嵌まっています。

Photo_31
これは、食堂にある”向い鳥、花に唐草中心模様と菱格子”

Photo_32
1階にある葡萄 3枚のうち2枚

Photo_33
2階の浴室にある、魚(竜宮)

その他にも、白鳥、鴛鴦、聖火とリボン、花(割付模様)、魚(竜宮)があります。

金田美世氏によると、木内家資料から宇野澤組にいた、木内真太郎のデザインと、確定出来るとしています。

桑名・六華苑(旧諸戸清六邸)
 大正2年竣工。洋館部分はジョサイア・コンドルの設計です。

Photo_34

玄関のドアにステンドグラスはありました。

Photo_35
よく見ると、薄い線の入ったガラスは、入れ替えたガラスをおもわれます。

白子・鈴鹿市伝統産業会館

Photo_36
白子町(現鈴鹿市)は、型紙の町です。今でも型紙の生産をしています。型紙は、江戸小紋などの染めに使用する為のものですが、今まで追跡してきた“模様入りケシガラス”の型紙としても使われたということが判明しています。それで、ほんとうに、ガラス加工屋の為に型紙を作っていたのか、調べるために訪れました。この伝統産業会館にいた元型紙職人の人に話を聞くことができました。曰く、たしかに昔、ガラス屋の注文で型紙を彫ったことがあるという証言をえました。
が、ガラスにつかわれた模様の見本は見つけられませんでした。型紙が消耗品であることもあるでしょうが、その痕跡もないのでしょうか。どうもまだ消化不良です。

5月1日 名古屋
 せっかく名古屋に来たので、夜、友人と軽くイッパイ。と思っていたら、泊まってけといういつものパターンで、泊まり。
翌日は、はじめての名古屋城。一部完成した本丸御殿を見学。

Photo_37
本丸御殿は3期に分けて建築中で、最終の完成は2018年3月の予定だそうです。

Photo_38

4月3日 横須賀~横浜
 横須賀市に防衛庁所管の田戸台分庁舎(旧横須賀鎮守府司令長官官舎)の公開がありました。
大正2年、呉の入船山記念館とおなじ桜井小太郎の設計です。

Photo_39
ステンドグラスは1階上部の窓2ヵ所、食堂の欄間に葡萄模様が2ヵ所、書棚2ヵ所、そしてどこにあったか不明のガラスモザイクがあります。

Photo_40

Photo_41
ステンドグラスの作者は、田辺千代氏が小川三知だと神奈川新聞で発表して話題になりました。

金沢文庫「津久井光明寺」

横浜・吉澤邸
 磯子の高台に2階建ての小さな建物があります。今は空き家になっていますが、美術史学者の吉澤忠氏の自宅でした。吉澤氏の父公の亀蔵氏は医師で、板谷波山と親交があり、板谷波山と小川三知は美術学校の同級生でもあり、その関係で、小川三知が作ったものと判明しています。

Photo_43

その他の窓にも嵌まっているようですが、外部からはよくわかりません。建物がかなり老朽化しているので、いづれ近いうちに取り壊すのでしょうが、ステンドグラスだけは残してほしいものです。何せ、東京芸術大学教授だった人の家ですから。

4月9日 鎌倉~藤沢~横浜
 鎌倉国宝館「長谷寺と鎌倉の名宝」

 江ノ電で藤沢へ。駅近くの公園に旧近藤邸はありました。中はレストランになっています。この建物は大正14年、ライトの弟子だった遠藤新の設計による住宅です。

横浜磯子区・旧柳下邸は、大正8年竣工。

Photo_44
旧近藤邸、旧柳下邸も、窓ガラスは、透明かスリガラスで、模様入りケシガラスは見つかりませんでした。

なかなかみつからないものです。

その2に続く

« 今年を振り返って(平成27年)その2 | トップページ | 滋賀、奈良、大阪、神戸の旅 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年を振り返って(平成27年)その2 | トップページ | 滋賀、奈良、大阪、神戸の旅 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ