« 新潟、志賀高原のガラス探訪旅 | トップページ | 岡山・奈良・京都旅 »

2016年7月24日 (日)

高知の旅

突然、名古屋の友人O氏から、電話で、高知旅行のお誘いを受け、二つ返事でOK。O氏の知り合いから、高知に招待をうけ、その同伴者としての旅行でした。目的は赤岡町の“絵金祭り”を見ること。ついでに、高知城を見学させてくれと、要望をだしておきました。

名古屋で、友人と合流し、車で和歌山港へ。フェリーで徳島港へ。

Photo
鳴門大橋も遠くに見ながら、2時間ほどで、徳島港へ。そこから、およそ30分で、神山温泉に到着。

Photo_2
町営の施設のようで、なかなかの温泉でした。

翌日、ひたすら、山岳道路をはしり、いくつかの峠を越えながら、途中、奥祖谷二重かずら橋を見学。

Photo_3
また、小さな集落に、かかしが道路のいたるところに、おかれている“かかしの里”に遭遇。

Photo_4
祖谷地方の生活の典型的な風景の、“落合伝統的建造物保存地区”を展望台から見学。走行中にみる民家は、かなり傾斜のある山の斜面に建てられているのを散見していましたが、これだけ集中的に建てられている集落は、実に壮観ですが、よくこんな不便な場所を住居に選んだのかは、何か、現代人の予想のつかない事情があったのでしょうか。

Photo_5
夕方、高知のホテルに到着。O氏の友人の出迎えをうけ、赤岡町へ。絵金祭りは、日が暮れないと始まりませんので、近くの友人の親戚の染め物屋さんで、ご招待を受け、暗くなったところで、いざ出陣。

赤岡町の道路に、それぞれ個人で所有している、屏風を店の前に出し、その前に一本のろうそくをたて、その光で、絵を鑑賞するというスタイルのイベントです。

Photo_6
絵の前には、説明する人がいて、狭い道に人で溢れていました。

Photo_7
絵は、歌舞伎の演目を題材にとったもので、おどろおどろしい場面が描かれていますが、蝋燭のあかりだけなので、どぎつさが多少薄れて見られるようです。

Photo_8
この町には、復元された“弁天座”という芝居小屋があり、このイベントに合わせて、芝居をやっていました。

Photo_9
一地方都市の町のイベントですが、全国的に知れ渡った祭りになったようですが、もうひと工夫が必要かなと、思ったりして。

翌日は、日曜市をみながら、高知城へ。

Photo_10

Photo_11

Photo_12

Photo_13
高知城の石垣は、その殆どが“打ち込み矧ぎ”で、コケむしている風情はなかなかです。これで、現存天守閣12棟のうち、あと残りひとつは、宇和島城の制覇のみとなりました。

昼は、久礼までいって、取れたてのカツオ料理を堪能。夜は、高知の夜のあそびをこれまた、O氏の友人のご接待で堪能してきました。

翌日は、10時に高知を出発。ひたすら高速道路をはしり、明石大橋をわたり、名古屋には18時30分に到着。東京に着いたのは、21時でした。

« 新潟、志賀高原のガラス探訪旅 | トップページ | 岡山・奈良・京都旅 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

  ひと頃、絵金ブームでしたが、今どうなんでしょう。他府県の方も、多く見受けられましたでしょうか。
オドロオドロしていて、見て心地よくはならないような気がしますが、地元の方のご案内があると、また
違う印象になるかもしれません。実際の絵金の赤は、どのように見えるのでしょう。

  

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟、志賀高原のガラス探訪旅 | トップページ | 岡山・奈良・京都旅 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ