仏像 坐法

2016年10月18日 (火)

福井県・高岡・富山の旅(1日目)

10月14日から16日まで、2泊3日の旅をしてきました。

まずは、敦賀で、車を借り、日本海沿いに北上、越前町にある北前船の館・右近家へ。
Photo
北前船の船主であった10代目右近権左衛門は、明治時代、海運の近代化と同時に海上保険業に進出し、11代目右近権左衛門は、日本海上保険の社長をつとめ、昭和10年、この本宅の後山の中腹に西洋館を造りました。この西洋館の階段室にステンドグラスはありました。
Photo_2

玄関横の窓も無模様のステンドグラスがありました。
Photo_3

ここから、内陸へ車を進め、越前市へ。越前市武生公会堂記念館「正覚寺展」を見学。
この展覧会には、善光寺式阿弥陀如来立像が出陳されていました。この越前市という地には、善光寺式阿弥陀の作例が数多くあることがこの展覧会で知りました。
北村市朗「越前における善光寺三尊仏とその信仰(5)」『長野』156 1991.3 にその分布が記載されているとのことです。

北上して、鯖江市へ。鯖江市まなべの館「祭りと祈りの原風景」展へ。
仏像が7体ほど展示されていました。

そして、福井市へ、福井市立郷土歴史博物館「福井の仏像」展へ。
30数体の仏像が1部屋に展示されていました。その中で、注目は、味真野神社の聖観音坐像でした。

Photo_5
平安後期 12世紀の仏像ですが、半跏趺坐です。カタログの執筆者は、解説で、ちゃんと”半跏趺坐”と書いています。大変勇気のある人か、学界の情勢に疎い研究者なのでしょう。
もうひとつ、大滝神宮堂の虚空蔵菩薩坐像も逆の意味で注目です。

Photo_6
この仏像は、平安前期 9世紀の仏像であるにもかかわらず、しかも、虚空蔵菩薩像の図像にはない、“結跏趺坐”なのです。

Photo_7
これは、どう解釈したらいいのでしょうか。珍しい例としてあげておきます。

車は、高速道路にはいり、北上して石川県に入り、片山津ICでおり、北前船の里資料館へ。この建物は明治9年、酒谷長兵衛が建てた住宅です。

Photo_8
この橋立という地は、北前船関連の住宅が集住した町だそうです。古い町並みが残っていました。

海岸沿いに西へ、車を走らせると、吉崎御坊の跡にたどり着きます。

Photo_9
北潟湖と、正面は鹿島の森という天然記念物、左方に吉崎御坊があった御山があります。いまは周囲が埋め立てられて、陸の上の丘になっていますが、当時は、潟に突き出た半島のような場所だったようです。要塞としての立地になっていました。

内陸にむけて走ると、旧三国町に「みくに龍翔館」が山の上に見えてきます。郷土資料館として建てた建物ですが、明治12年から大正3年にかけて建てられた龍翔小学校を再現した建物です。

Photo_10
窓には、樹脂ガラスに色づけした疑似ステンドグラスが嵌められています。

あとは、福井駅にもどって車を返却するばかりでしたが、時間もあるので、丸岡へ寄り道。城の中には入らなくて、城の周りをぐるっとまわって、福井市に到着。

2016年3月20日 (日)

半跏趺坐再考(作品編)その14 福光園寺吉祥天坐像

 吉祥天は、佐和隆研『仏像図典』によると、功徳天ともよばれており、経軌では、菩提流支譯『不空羂索神變眞言経』第十一(大正蔵,20-282中)

Photo
で、半跏趺坐と書いています。また、覚禅抄には、2種類ある坐像の吉祥天像は、半跏趺坐に描かれています。

Photo_2
いままでの、日本における半跏趺坐の系譜をたどってみると、坐像で、半跏趺坐につくるのは、およそ10世紀後半頃までで、それ以後は、ほぼ坐像は結跏趺坐になってしまいます。これは、例外をのぞいて、平安後期以降の坐像は結跏趺坐といってもいいでしょう。
その例外ですが、例えば以前書きました、随心院の金剛薩埵像です。鎌倉時代快慶の作品ですが、この仏像は、金剛薩埵という特殊な像容のため、あきらかに図像を参照して、半跏趺坐にしているということがわかります。福光園寺像も、吉祥天像の図像をあきらかに参照して制作されていることがわかります。しかも、随心院とおなじ慶派の仏師です。慶派は、図像をかなり調べた上で、その時の流行に惑わされずに造像活動をしていることが見えてきます。

Photo_3
それでは、福光園寺の吉祥天像は半跏趺坐なのでしょうか、出来るだけ近づいてよく観察してみました。左足の足裏はどう見ても確認出来ませんでした。しかも、結跏趺坐ならば、左足は、すくなくとも右太腿にのっていなければなりません。右太腿には、その痕跡も、衣の膨らみもありません。あきらかに 半跏趺坐 です。反論があるのなら、証拠を示して否定してください。(私は聞く耳をもっております。)

Photo_4
福光園寺吉祥天について、解説されている論文を次にあげてみます。

△塩田義遜「福光園寺の吉祥天像と廃満願寺の十一面観音 」 『甲斐路』 2  1961年9月20日 山梨郷土研究会 34p~39p
▲「彫刻/木造吉祥天女坐像 付・二天立像 御坂町・福光園寺 」 『県指定山梨県の文化財 改訂第1集』 1980年3月31日 山梨県教育委員会 18p~18p
●鷲塚泰光「口絵解説/山梨県・福光園寺蔵の木造吉祥天及び二天像について 」 『佛教藝術』 149  1983年7月30日 毎日新聞社 116p~117p
△「3,中部地方 山梨県/吉祥天坐像及二天像 福光園寺 」 『日本仏像名宝辞典』 1984年9月30日 東京堂出版 178p~179p
△守屋正彦「山梨県/211,吉祥天坐像及び二天像 福光園寺 」 『日本の仏像<中部>』仏像集成 2 1992年1月15日 学生社 161p~161p
▲丸山尚一「甲斐・伊豆/福光園寺【吉祥天】 」 『東日本 わが心の木彫仏』 1998年11月20日 東京新聞出版局 138p~139p
●鈴木麻里子「第3章 彫刻/49,木造吉祥天及二天像 福光園寺 」 『山梨県史 文化財編』 1999年3月23日 山梨県 555p~557p
●副島弘道「129,吉祥天像、持国天像、多聞天像 福光園寺/銘記・形状・法量・品質構造・伝来・保存状態・備考・参考文献 」 『日本彫刻史基礎資料集成 鎌倉時代 造像銘記篇 第四巻』 2006年2月25日 中央公論美術出版 194p~200p
△近藤暁子「作品解説/26 吉祥天及二天像 福光園寺(笛吹市) 」 『祈りのかたちー甲斐の信仰ー』山梨県立博物館開館一周年記念特別展 2006年10月14日 山梨県立博物館 144p~145p
△近藤暁子「資料解説/13 吉祥天及二天像 福光園寺(笛吹市) 」 『山梨の名宝』企画展・富士の国やまなし国文祭り記念事業 2013年10月19日 山梨県立博物館 122p~122p

坐法について記述してあるか無いかの分類をしてみると以下のようになります。

▲「趺坐する」
  『県指定山梨県の文化財 改訂第1集』
  丸山尚一『東日本 わが心の木彫仏』

●「結跏趺坐」
  鷲塚泰光『佛教藝術』 149
  鈴木麻里子『山梨県史 文化財編』
  副島弘道『日本彫刻史基礎資料集成 鎌倉時代 造像銘記篇 第四巻』

△「記載ナシ」
  塩田義遜『甲斐路』 2
  『日本仏像名宝辞典』
  守屋正彦『日本の仏像<中部>』仏像集成 2
  近藤暁子『祈りのかたちー甲斐の信仰ー』
  近藤暁子『山梨の名宝』

「趺坐する」という表現は、この坐し方が結跏趺坐に見えないと判断したのは正解ですが、それでは、この坐し方が”半跏趺坐”とは知らなかった(実際は、入門書に書いてあるのに知らないはずはない。)か、誰も”半跏趺坐”と言っていないので、まわりを見て、どちらでもとれるあいまいな表現で”趺坐する”と書いたのでしょう。こんなネタばれの表現は、読者を混乱させるだけです。
また、「記載ナシ」とは、普通一般的な結跏趺坐と判断したので、わざわざ記述することはないと判断したという言い訳でしょう。”半跏趺坐”という見立てならば、こんな特殊な坐し方は珍しいので、解説文にそのことを記述しなければ、当然解説文としての形にならないのは明白で、どちらも苦しい言い訳でしかありません。

 昨日(3月19日)山梨県笛吹市の福光園寺に行ってきました。福光園寺で主催の『第3回歴史シンポジウム 吉祥天信仰~祈りとかたち~』に出席するのと、併せてじっくりと吉祥天像の服装と坐法を観察できると予想したからでした。
シンポジウムは、まず基調講演で、「「吉祥天の寺」福光園寺の歴史」とい題で、主に吉祥悔過をおこなう場所としての寺院の歴史を大胆な予測で講演をしていました。ちょっといいすぎかも というところもあったのですが、講演者の室伏徹氏は昔、山梨でいっしょに発掘調査をした人物で、40年ぶりの再会でしたが、氏は小生を全く覚えていないようで、ちょっとがっかり。
つぎに海老澤るりは氏の「福光園寺における吉祥天の造像と信仰」という題で、吉祥天像の所依経典と、像容の特色についての講演でした。最後は、近藤暁子氏の「甲斐における慶派の造像活動」という題で、山梨所在の慶派の仏像についての説明とそれぞれの造像銘についての解説でした。
さて、その後討論の時間が設けられました。事前に質問用紙に記入を求められましたので、吉祥天像は結跏趺坐なのかを質問してみました。海老澤氏は講演中で、福光園寺吉祥天は、結跏趺坐 といっていたからです。氏曰く「片方の足が衣に隠れている可能性もあるので、半跏趺坐とはいえないのでは、もう一度精査してみます。」とのことでした。私は、「この席にいる鈴木麻里子氏は大善寺の薬師如来坐像を半跏趺坐と「山梨県史」で書かれているので、氏の見解を伺いたい」と発言しました。鈴木麻里子氏は「昔のことなので、覚えていません。上から俯瞰でみたこともないのでわかりません」ということでした。
ここで、私の発言は打ち切られましたが、いまの美術史学者の作品に対する向き合い方の、いい加減さが浮き彫りにされました。”知らない”、”もう一度調べてみます”は、いままで何も見てこなかったと白状しているのと同じです。ろくに調査もしないでどうして”結跏趺坐””半跏趺坐”といえるのでしょうか。もうこんな言い訳は聞きたくありませんし、みっともないとおもいませんか。過去の自身の言動に対してあまりにも無責任すぎます。何故、胸襟を開いてちゃんと主張しないのでしょうか。

いままで、このブログで10数回にわたって”半跏趺坐”についての、資料を提供してきましたが、いままでこの件について、なんの反論も、意見もありません。機会を見ては、知り合いの美術史学者に訴えてきましたが、反論することもなく、完全にスルーされてしまいました。それならば、今回はシンポジウムというこういう複数の聴衆のいる前で訴えた方が効率的だとおもい、意を決して発言しました。美術史学者全体の問題にならないのなら、ピンポイントで狙うしかありません。これから、モグラたたきのスタートです。

2015年8月25日 (火)

『半跏趺坐』再考(作品編)その13 大安寺釈迦如来(その1)

 このシリーズは、なんとなく尻切れトンボになってしまいました。また、再開するには、前後の脈絡がなくなってしまいましたが、いままでのような事実の羅列で、単なる資料の提供だけしていると、それから先が進んでいかないようです。
というよりも、”半跏趺坐”についてこれだけセンセーショナルな事実を提供しても、その事実の持つ重要性を認識してくれる読者がいないようですので、すこしは、この事実から考察できることも書いていこうとおもいます。
まだ、この事実から導き出せる結論がでませんが、もうすこし積み重ねればいくらかの結果がだせるかもしれません。とおもいつつ、書いていこうをおもいます。

○大安寺乾漆釈迦如来坐像
 この仏像は、現存していないのに、論文のテーマとして、しばしば取り上げられてきました。それは、史料がのこっていることと併せて、その造立年代の考察、さらに薬師寺金堂薬師如来坐像との比較によって、ある程度その像容が推測できるのではないかという、期待があったからなのでしょう。それが解明できれば、白鳳時代の基準作例としてその位置を確立できると信じて、彫刻史研究者はこのテーマに挑んでいったとおもわれます。
大安寺釈迦如来像の像容について書かれている史料の中で、まず『七大寺巡礼私記』をとりあげることにします。

『七大寺巡礼私記』大安寺の条

 一、大安寺
   金堂一宇、五間四面瓦葺、四面有歩廊、
  中尊丈六釋迦坐像 以右足敷下、左足置上、迎接引[印カ]也、

この”以右足敷下、左足置上、迎接印也” という一文について最初に解釈したのは、毛利久氏でした。

毛利久「大安寺安置仏像の復原」『日本史研究』3 1946.12.30(『日本佛像史研究』1980.3.31所収)

 ”即ち結跏の法は降魔坐であり、印相は迎接印というが、これは『諸尊図像』に見えているから、左手を膝の上に置き、右手を施無畏にあげたものであることが分明する。”

毛利氏は、この一文を、”結跏趺坐のうち降魔坐である”と解釈しました。それ以後、この解釈を受け継いだ論文は以下のとおりです。

田中嗣人「大安寺の造営と諸尊の造立」『佛教藝術』187 1989.11.30
片岡直樹「大安寺釈迦像の像容について」『新潟産業大学人文学部紀要』6 1997.3
三好直「『大安寺伽藍縁起并流記資材帳』にみられる大安寺釈迦像について」『博物館学年報』34 2002.2.25

その他に、直接言及をしていませんが、結跏趺坐と解釈していると推測される論文があります。

大橋一章「川原寺の造仏と白鳳彫刻の上限について」『佛教藝術』128 1980.1.25

大橋一章氏は、この史料について直接的に言及していませんが、紀寺跡出土の塼仏を”結跏趺坐”と言い、初唐様式の作品として、さらに中国の貞観元年(627)銘をもつ方形三尊塼仏を取り上げ、”中尊は説法印を結んで右足を前に結跏趺坐し、”としています。大橋氏は、大安寺釈迦像も初唐様式を採り入れた仏像としていますので、当然、『巡礼私記』の一文は”結跏趺坐”という解釈であることは推測できます。

吉村怜「飛鳥白鳳彫刻史試論ー一時代一様式理論への疑問」『佛教藝術』227 1996.7.30

吉村怜氏は、”『七大寺巡禮私記』によると、右足を下に、左足を上に置く坐像で・・・”と言及し、”白鳳時代の幕開けを決定づけたのは、・・・百済大寺の乾漆丈六釈迦像であった。”としています。当然『巡礼私記』の一文を解釈した上で書かれているので、これが結跏趺坐のことだおもったのですが、その判断に不安がよぎり、”坐像”という言い方で逃げたのでしょうか。

その他、大安寺釈迦像について書かれている論文は、

いわゆる白鳳時代の造立である。
様式は、初唐様式を採り入れた。
後世にわたって、すぐれた仏像と認められていた。

という趣旨で、坐法について言及はしていませんでした。

足立康「大安寺金堂本尊について」『國華』564 1936.12(『日本彫刻史の研究』所収)
小林剛「大安寺の丈六釋迦如来像について」『美術研究』163 1951.11.30
田村吉永「大安寺の平城京移轉年代を丈六釋迦像について」『史迹と美術』252 1955.5.1
田中恵「大安寺釈迦像の周辺(その1)(その2)ー日本佛教彫刻における「宗教彫刻」と「信仰造形」について(その2)ー」『岩手大学教育学部研究年報』55-1,55-2 1995.10.29、1996.2.29
奥健夫「清凉寺釈迦如来像の受容について」『鹿島美術財団年報』別冊13 1996.11
中野聰「霊験仏としての大安寺釈迦如来像」『佛教藝術』249 2000.3.30
皿井舞「模刻の意味と機能ー大安寺釈迦如来像を中心にー」『京都大学文学部美学美術史学研究室 研究紀要』22 2001.3.31

はたして、”右足を下に敷き、左足を上に置く”とは、結跏趺坐のことを言っているのでしょうか?以下、いくつかの史料から、その用例を検討してみます。

「起信論疏筆削記」 宋子璿錄(大蔵経 第44巻)398P下

正脚等者。押一脚爲半加。於中以右押左爲降魔坐。
以左押右爲吉祥坐。若兩脚相押爲全加。

「一切經音義」 唐慧琳撰(大蔵経 第54巻)353P中

第五百七十七巻 能斷金剛分
跏趺
・・・
結跏趺坐略有二種一曰吉祥二曰降魔*凡坐皆先以右趾押
左股後以左趾押右股此即右押右手亦左居上名曰降魔
坐諸禪宗多傳此坐若依持明藏教瑜伽法門即傳吉祥爲
上降魔坐有時而用其吉祥坐先以左趾押右股後以右趾
押左股令二足掌仰於二股之上手亦右押左仰安跏趺之
上名爲吉祥坐

「起信論疏筆削記」では、半跏趺坐のうちで、吉祥坐と降魔坐に分類できること、両脚を押すことを全跏(結跏)としていますが、「一切經音義」では、右足、左足の組み方を記述した上で、左右の足のどちらかが上になるかで、吉祥坐と降魔坐をわけています。
いずれにしても、”結跏趺坐”を説明するには、両方の足の置き方をちゃんと記述していますし、省略して、”右足を下に敷き、左足を上に置く”といった説明はしていません。

実際の図像を、半跏趺坐と説明している史料があります。

「圖像抄」巻第八 忿怒 不動明王(『大正図像』3)P35上

護摩儀軌云。畫四臂不動尊。青肉色。二手
金剛拳。頭指小指各曲如鈎形。安口兩角
相如牙。右手持刀令竪。左持索。半跏右押
左坐盤石上。威熖光明遍身如火

Photo

とあり、半跏趺坐とことわり、さらに右足が左足を押すと説明しています。

以前にも書きましたが、薬師寺金堂の薬師如来坐像について、
「圖像抄」巻第二 藥師如來(『大蔵図像』3)P6下

 世流布像有二様
一者揚右手垂左手。是東寺金堂幷南京藥師寺像也。但以左足押右〔月+坒〕坐像也
二者左手持藥壺。以右手作施無畏。或右手曲水指。或火空相捻

Photo_2

とあり、薬壺をもった、半跏趺坐の図像を掲げていますし、実際の薬師寺金堂薬師如来坐像は”半跏趺坐”です。

このように、”半跏趺坐”という言葉はあまり人口に膾炙していないので、丁寧な説明をしたのだとおもいます。ですから、字義通り”右足を下に敷き、左足を上に置く”を形に表せば半跏趺坐になることは明らかでしょう。

毛利氏は『諸尊図像』の釈迦如来坐像の画像をみて、結跏趺坐と判断したのは、この図像の釈迦如来坐像が”結跏趺坐”のように見えたためだろうとおもいます。しかし、この図像は大安寺釈迦如来像を描いたものではなく、一般的な釈迦如来坐像を描いているにすぎないのを見誤ったためなのでしょう。
Photo_3
 ”大安寺釋迦像 左手置膝上 右手揚施無畏
            天下以之為規様(カ)皆用此様矣”

と、手印についての一文です。

2015年8月16日 (日)

三都旅行(奈良編)『白鳳』展

Photo
 奈良行きの目的は、ただ1箇所「奈良国立博物館」の『白鳳』展のみです。
全体からいえば、これだけの同時代の作品をそろえたのは、さすが国立だけはあるという印象でした。
ただ、「白鳳」といういまだ評価がさだまらない言葉を使ったからには、それなりの定義をしなければならないのでしょうが、
そこのところは、まだ、掘り下げ不足を感じざるをえません。
内藤栄氏は総論のなかで、「白鳳」について以下の説明をしています。

”平成十六年(二〇〇四)、東京・京都・奈良・九州の国立博物館四館で、展示室内及び出版物等における時代表記を日本史の教科書で用いられている表記に統一する方針が打ち出された。これによって、国立博物館においては白鳳時代は「飛鳥時代後期」もしくは「飛鳥時代(白鳳期)」などと表記されることになり、それは今日も続いている。しかし、明治時代以来、多くの研究者が飛鳥時代と奈良時代の間に一つの時代を設定しようとした理由は、そこに飛鳥や奈良とも違う独自の個性を持つ時代を見いだしていたからであろう。本展では白鳳が一つの時代精神を有し、固有の文化を作り上げたと考え、時代表記に「白鳳時代」と用いた。”

たしかに、いわゆる白鳳期は、どういう様式をもった時代なのかについての資料を提供したのは、この展覧会の主旨のように思えますが、いささか消化不良です。

具体的に2点、その問題点を述べることにします。
まず第1点は、坐法という視点です。今回出品された仏像で、衣でかくれて、結跏趺坐か半跏趺坐か判別できない作品をのぞいて、坐像の作例をピックアップすると以下のようになります。

        作品                  坐法       解説

15 独尊塼仏(崇福寺跡出土)         半跏趺坐?  解説:岩井→結跏趺坐
34 如来坐像(櫻本坊)             半跏趺坐   解説:岩井→記載ナシ
79 薬師如来坐像(見徳寺)          半跏趺坐   解説:岩田→記載ナシ
84 阿弥陀三尊像(橘夫人念持仏)      半跏趺坐   解説:岩田→記載ナシ
91 法隆寺金堂外陣旧壁画(六号壁)    結跏趺坐   解説:谷口→記載ナシ
93 大型多尊塼仏(二光寺廃寺出土)    半跏趺坐   解説:岩井→記載ナシ
94 阿弥陀如来塼仏(唐招提寺)       結跏趺坐   解説:岩井→記載ナシ
97 押出阿弥陀五尊像(法隆寺献納宝物) 結跏趺坐   解説:岩井→結跏趺坐
98 厨子入押出阿弥陀五尊像(法隆寺)   結跏趺坐   解説:岩井→結跏趺坐
99 金銅板如来三尊像(慶州市月池出土) 結跏趺坐   解説:岩井→結跏趺坐
100 金銅板菩薩像(慶州市月池出土)   結跏趺坐   解説:岩井→結跏趺坐
124 塼仏片(小山廃寺(紀寺跡)出土)   半跏趺坐?  解説:岩井→結跏趺坐

中国南北朝時代の仏像の坐法について概観すると、この時代の坐像は、衣で隠れて坐法が判別できない作品をのぞいて、膝部分は箱形をし、片方の足裏を表現しただけの造形が主流です。つまり半跏趺坐が主流であり、両足裏を彫刻した仏像は、壁画を除いて管見のおよぶかぎりほとんど見当たりません。(中国の仏像について、現在のところ調査があまりいきとどいていませんが、北魏の仏像で、2例のみ結跏趺坐の仏像を確認しています。)
中国で結跏趺坐があらわれるのは、おそらく隋からで、唐になると、あきらかに、膝部分の造形方法がかわります。それに伴って結跏趺坐に劇的に変化していったのがわかります。つまり、唐は半跏趺坐の坐法が消滅してしまったのです。(もし、唐時代で半跏趺坐の仏像の作例があればご教授ねがいたい。)

このような、中国における様式の変化から、日本の白鳳時代の仏像を見てみると、櫻本坊、見徳寺、橘夫人念寺仏は、唐様式ではなく、それ以前の様式を踏襲しているということになります。
さらに、塼仏、絵画をみると、一部をのぞいて、唐様式を忠実に採り入れた結跏趺坐に表現しているのです。
これについて、岩井共二氏は(コラム「押出仏と塼仏」P184)

”押出仏・塼仏は、飛鳥時代から作られているが、白鳳時代の早い段階から初唐様式を反映した作例が見られる。押出仏も塼仏も原型を使って制作されるものなので、新様式の受容・習得が容易であることが理由の一つであろう。これに対し、白鳳金銅仏や木彫仏では、中国における隋時代以前の6世紀後半の様式を基調にする作例が多い。これは前時代からの工人や伝統的技術が存在し、保守的な傾向が強いためと考えられる。”

と説明しています。さらに、岩井共二氏は結論として(各論「中国彫刻と白鳳仏」P205)

”「白鳳」という時代は、飛鳥時代から奈良時代への過渡期の時代として位置づけられる。そのため、我々は飛鳥=〔古拙〕と天平=〔古典〕の間を一本の線で繫いで、その一直線上に個々の白鳳仏を並べて様式展開を考えようとしがちであった。しかし日本の様式展開は中国のそれと完全にパラレルな関係にあるわけではない。「古拙な造形は古く、写実的な造形は新しい」というような単純な様式展開ではなかったのが、白鳳時代ではないだろうか。白鳳時代の日本には、中国の北斉・隋・唐、高句麗・百済・新羅の六世紀~七世紀までの新旧様々なスタイルがすでに伝えられている。それらが併存していても不思議ではない。”

坐法について注目すれば、上記のような結論の有効な材料を提供できたのに、その発想がなかったのは残念です。

第2点は、彫刻の白鳳時代を語るには避けてとおれない薬師寺論争についてです。
このカタログでは、薬師寺金堂薬師三尊像の製作年代について、資料の提供という立場に立っているようですが、その資料の提供に問題がありました。
薬師寺論争で、しばしばとりあげられる大安寺釈迦如来坐像について、岩井共二氏は、以下のように言及しています。(コラム「押出仏と塼仏」P184)

”この様式の差異は、塑像・乾漆像と金銅仏の間にもあてはまるようである。『七大寺日記』などで薬師寺金堂薬師三尊像より優れていると評された大安寺の乾漆釈迦像は、天智天皇による造立と伝えるが、現存していない。記録によれば左脚を上にして結跏趺坐する姿であったといい、白鳳時代の寺院出土の塼仏や、當麻寺金堂本尊の塑造弥勒仏坐像などと共通する。同時期の塼仏に表される写実的表現からみて、大安寺像は、遣唐使がもたらした初唐様式を反映した先進的な造形であったと考えられている。そうであれば、白鳳金銅仏にしばしば見られる童形仏とはかなり違った雰囲気の、偉丈夫相の仏像だったということになるだろう。”

『七大寺巡礼私記』には大安寺像を以下のように書いています。

一、大安寺
  金堂一宇、五間四面瓦葺、 四面有歩廊、
中尊丈六釋迦坐像以右足敷下、左足置上、迎接引也、

この右足を下に敷き、左足を上に置く という表現は、結跏趺坐をあらわすものではありません。結跏趺坐ならば、このような表現をするでしょうか。もう片方の足はどのようにしているのでしょうか。これは、あきらかに”半跏趺坐”であることを表現しているのです。古文書で、そのように表現している史料があります。

『圖像抄』(大正蔵圖像三)巻第二 佛頂尊 の頁で、

藥師如來
 世流布像有二樣
一者揚右手垂左手。是東寺金堂幷南京藥師寺像也。但以左足押右(月+坒)坐也
二者左手持藥壺。以右手作施無畏。或右手曲水指。或火空相捻

左足で右股を押す とは、半跏趺坐のことを表現しているのです。図像には説明通り半跏趺坐の絵が描かれています。

春秋堂日録 『半跏趺坐』再考(作品編)その1(2012年7月20日) http://shunjudo.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-ee0e.html
でもすでに発表していますが、薬師寺金堂薬師如来坐像は”半跏趺坐”なのです。

Photo_2

大安寺像は、遣唐使がもたらした初唐様式の先進的な造形であったならば、なぜ塼仏のように結跏趺坐ではなく半跏趺坐なのでしょうか。
大安寺像は、薬師寺像と形状は、ほぼ同じであったということでしょう。その上で薬師寺像よりすぐれていたと大江親通は判定したということなのでしょう。
ついでに言うと、當麻寺金堂弥勒仏坐像も半跏趺坐です。

白鳳時代の様式を語るにあたって、基本的な認識が共有できなければ、どんな画期的な論を展開しても砂上の楼閣でしかありません。
だいたい、”半跏趺坐”と”結跏趺坐”の違いについて、彫刻史研究者と称する人は、作品をみて判別できないのでしょうか。
それとも坐法などというのは、彫刻の様式にたいして問題となるものではないとでもいうのでしょうか。
それにもまして、美術史学徒が、学問の基本中の基本である作品の観察もろくにできないのでしょうか。

春秋堂日録で、薬師寺金堂薬師如来坐像は半跏趺坐である、と発表してからすでに3年が過ぎています。その間、某美術全集では、堂々と薬師寺像は結跏趺坐だといっています。また、某財閥系美術館館長は、新書で同様のことを書いています。
美術史研究者は、きっと絶海の孤島で、執筆しているのでしょう。それとも、ネットなどというくだらないことしか書いていないメディアなんて読むに値しないとおもっているのでしょう。
いままで、半跏趺坐について書いてきましたが、一編の反論もいただいていません。ネットサーフィンもできない学者しかいないのでしょうか。それとも無視が最良の反論だとおもっているのでしょうか。この学会の人は情報収集能力も分析力も発信力も持ち合わせていないようです。

2012年12月15日 (土)

『半跏趺坐』再考(作品編)その12

「結跏趺坐」か「半跏趺坐」か判定できない仏像(二)

止利様の仏像の場合

48 法隆寺金堂釈迦三尊像
49 法隆寺金堂薬師如来坐像

▲町田甲一 「釋迦三尊像 金堂所在 止利作 中尊 釋迦如來坐像 」『奈良六大寺大観 第2巻 法隆寺2』 1968年4月24日 岩波書店 (「法隆寺金堂 釋迦三尊像について 」 『上代彫刻史の研究』 1977年5月10日 吉川弘文館)

‘一 中尊 釋迦如來坐像
 中尊の釋迦如來像は、檜造りの二重宣字形須彌座上に、法衣の裙を全面に大きく垂下して、結跏趺坐している。' P11

▲水野敬三郎「釈迦三尊と止利仏師」『奈良の寺』3 金堂釈迦三尊 1974年3月8日
‘釈迦三尊像(『日本彫刻史研究』 1996年1月20日 中央公論美術出版 )

  中尊は・・・螺髪をつけ、白毫相をあらわし、左手は第二・第三指を伸ばし、右手は全指を伸ばして掌を前に向け、結跏趺坐する。'

▲西川新次「飛鳥時代の彫刻/2,代表的遺品/Ⅰ,法隆寺金堂釈迦三尊像 」 『文化財講座 日本の美術 5 彫刻(飛鳥・奈良)』 1978年9月15日 第一法規出版 51p~60p

‘Ⅰ 法隆寺金堂釈迦三尊像 品質・構造・形式
 さて中尊像は、両脇侍像をも包摂する大きな蓮弁形の光背を背にし、左手与願、右手施無畏のいわゆる通仏の印を結び、通肩の衣をつけ、二重の宣字座に、大きく裳をひろげて結跏趺坐している。' P52

▲大西修也「三、創建法隆寺の美術 釈迦三尊像」『日本の古寺美術』③ 法隆寺Ⅲ 1987年1月31日 保育社

'仏壇中央の中ノ間に安置されている釈迦三尊像は、大きな挙身光を背に結跏趺坐する如来像を中尊とし、その左右に菩薩形の脇侍をしたがえたいわゆる一光三尊形式の仏である。' P52

▲川瀬由照「第一章/金銅釈迦三尊像と薬師像 」 『法隆寺美術 論争の視点』 1998年8月5日 グラフ社

‘釈迦三尊像
 中尊は右手は施無畏印、左手は与願印を結び、大衣を通肩にまとい、前面に懸裳を広げた宣字形の台座上に結跏趺坐している。' P80
‘薬師像
 薬師像は、右手は施無畏印、左手は与願印を結び、大衣を通肩にまとい、宣字形の台座の前面に懸裳を広げて結跏趺坐する。’ P80

△村田靖子「第Ⅷ章 日本/○金銅釈迦如来坐像 奈良・法隆寺金堂」『仏像の系譜ーガンダーラから日本までー』1995年5月19日 大日本絵画

‘半跏趺坐する右足を見せ・・・’ P256

Photo_3

50 東京国立博物館仏形坐像(法隆寺献納宝物145号)

▲法隆寺宝物室「3,仏形坐像(法145) 」 『金銅仏 1』法隆寺献納宝物特別調査概報 Ⅴ 1985年3月31日 東京国立博物館

‘形状 右足を上にして結跏趺坐する。右足裏半ばより先を大衣の縁から出すが、大衣に隠れた踵のふくらみも示す。’ P22

145

51 東京国立博物館仏形坐像(法隆寺献納宝物146号)

▲法隆寺宝物室「4,仏形坐像(法146) 」 『金銅仏 2』法隆寺献納宝物特別調査概報 Ⅵ 1986年3月20日 東京国立博物館

‘形状 右足を上にして蓮華座上に結跏趺坐する。’ P3

146

52 薬師寺(石川県鳳珠郡能登町)如来及び両脇侍像

▲北春千代「石川県/116,如来及び両脇侍像 薬師寺 」 『日本の仏像<中部>』仏像集成 2 1992年1月15日 学生社

‘中尊は、衲衣を通肩にまとい、左手に宝珠をつまみ、右手は膝上に伏せ、脚付方形台上に宣字座を据えた古式の台座の上に結跏趺坐する。’ P94

石川県立歴史博物館にてレプリカを実見。

Photo_6

53 法隆寺阿弥陀三尊像(橘夫人念持仏)

54 法輪寺薬師如来坐像

▲岡直己「法輪寺薬師如来坐像考 」 『美術史』 1-4(4)  1951年9月30日 美術史學會

‘結跏趺坐してゐる兩足を蔽ふて前に垂らしてゐる裳は短く、臺座まで懸ってゐない。’ P32~P33

△「修理解説書/74,木造薬師如来坐像 奈良・法輪寺 」 『日本美術院彫刻等修理記録 Ⅱ(解説)』奈良国立文化財研究所史料 第10冊 1976年3月31日 奈良国立文化財研究所
‘(現状) 坐像。螺髪、木眼。右手屈臂上掌左手屈臂、瑠璃壺ヲ持チ、右足ヲ以テ左脛ヲ押フ。’ P152

Photo_7

片足が衣で隠れて判定できないのもあり、また、膝の形状が抽象化されており、仏師の造形方針からみると、“半跏趺坐”の意識で作られているように見えるが、判定がむずかしい。

止利様の仏像については、中国との作例についての考察もしなければならないので、改めて記述することとします。

とりあえずは、両足裏を見せる表現をしていないので、上記の仏像は明確に結跏趺坐と断定できる作例ではないようです。

2012年12月 9日 (日)

『半跏趺坐』再考(作品編)その11

実査・写真で「半跏趺坐」と判明する仏像(二)

42 伏見寺銅造阿弥陀如来坐像
●北春千代「石川県/99,阿弥陀如来坐像 伏見寺 」 『日本の仏像<中部>』仏像集成 2 1992年1月15日 学生社

‘衲衣を偏袒右肩に着し、胸前で下品中生の説法印を結び、右足を外にして結跏趺坐する。’ P82

Photo
先日、金沢に行った折、上から俯瞰で実見。

43 和具観音堂銅造如来坐像
●毛利伊知郎「図版・解説/53,如来坐像 志摩郡・和具観音堂 」 『三重の美術風土を探るー古代・中世の宗教と造型ー』 1986年10月12日 三重県立美術館

‘像容を見ると、左手を膝上に置き、掌を上にした一種の与願印をとり、左脚を外にして結跏趺坐している。’

●岩佐光晴「作品解説/201,如来坐像 三重・和具観音堂 」 『特別展図録 金銅仏ー中国・朝鮮・日本ー』 1988年3月31日 東京国立博物館

‘正に重厚という感じの如来像で、結跏する膝は極めて厚く、しかも裳先を出さずに切り込んでおり、体奧・面奧もこれに応じた厚みと量感を示している。’ P301

Photo_3

44 勝常寺薬師如来坐像
○山岸公基「第二章 解説 第三節 勝常寺の仏像 1,基本的データ/Ⅰ,薬師三尊像 」 『湯川村史 第一巻 勝常寺と村の文化財』 1985年3月30日 湯川村

‘形状 薬師如来像 本体 ・・・左足を上にして趺坐する(二)。’P89
‘注二 左脛と腹との間に右足首が表現されておらず、結跏と断じ難い。’P169

●井上正「古密教彫像巡歴 27/福島・勝常寺薬師三尊像(その一) 」 『日本美術工芸』 606  1989年3月1日 日本美術工芸社

‘左足を前にして結跏趺坐し、左足は足先の部分のみ衣でつつむ。’ P40

●若林繁「4,各時代の仏像 1 平安時代 (1)会津/(1)勝常寺薬師如来及び両脇侍立像 」 『福島の仏像ー福島県仏像図説ー』 1997年6月30日 福島県立博物館

‘左足を上にして結跏趺坐するが、左足の先に衣の一部が巻き付いている。’ P73

Photo_4
福島県立博物館の常設展に、レプリカがあり、膝前の形状から、右足が左手の袖に隠れているが、その膨らみがないところを見ると、半跏趺坐と確認できる。

45 勝尾寺薬師如来坐像
●田中義恭「勝尾寺薬師三尊像 」 『MUSEUM』 247 特集・平安彫刻(2) 1971年10月1日 東京国立博物館

‘次にその表現についてみると、中尊像は大衣を着け、左手に薬壺(現状のものは(後補))をのせて結跏趺坐する普通のかたちの薬師如来像である。’ P31

Photo_5

46 大善寺薬師如来坐像
○鈴木麻里子「第3章 彫刻/3,木造薬師如来及両脇侍像 大善寺 」 『山梨県史 文化財編』 1999年3月23日 山梨県

‘左手は膝上で掌を上にして五指を伸ばして持物(亡失)を捧げ、右手は膝上で掌を伏せ五指を伸ばす。右足を上にし半跏趺坐する。’ P483

●菱沼沙織「作品解説/3 薬師如来及び両脇侍像 山梨・大善寺 」 『関東の仏像』 2012年3月25日 大正大学出版会

‘衲衣の折り返し部を左肩の上部だけにあらわす。他には例の少ない着方をして、右足を外にして結跏趺坐する。’ P125

Photo_6

47 随心院金剛薩埵坐像
●「解説 彫刻/30,木造金剛薩埵坐像 随心院 京都府京都市東山区山階小野御霊町 」 『昭和40年度指定文化財修理報告書 美術工芸品篇』 1968年2月29日 文化財保護委員会

‘形状 右足を上にして結跏趺坐する。’ P39

●西川杏太郎「118,金剛薩埵菩薩像 随心院」 『日本彫刻史基礎資料集成 鎌倉時代 造像銘記篇 第四巻』 2006年2月25日 中央公論美術出版

‘形状 右足を上にして結跏趺坐する。’ P86

●萩原哉「図版解説/55 金剛薩埵坐像 快慶作 京都・随心院蔵 」 『創建1200年 空海誕生の地 善通寺』 2006年3月31日 香川県歴史博物館

‘右手に五鈷杵、左手に五鈷鈴を持って結跏趺坐する姿は、金剛界曼荼羅の図像にしたがうものである。’ P133

○山口隆介「随心院所蔵彫刻に関する調査報告/二 金剛薩埵菩薩像 」 『小野随心院所蔵の文献・図像調査を基盤とする相関的・総合的研究とその展開 Vol.Ⅲー随心院調査報告・国際研究集会報告・笠置寺調査報告』平成19年度科学研究費補助金 基盤研究(B)17320039研究報告書 2008年3月19日 荒木浩

‘右足を外にして半跏趺坐する。’ P288

Photo_7

佐和隆研『仏像図典』の「金剛薩埵」の項目によると、金剛界理趣会の像容として、以下の史料を揚げています。

「大樂金剛不空眞實三昧耶經般若波羅蜜多理趣釋」卷上 (大正蔵19)
‘金剛薩埵菩薩。背月輪戴五佛冠。右手持金剛杵。左手持鈴。半跏趺坐。’P610下

また、
「金剛頂瑜伽金剛薩埵五秘密修行念誦儀軌」(大正蔵20)
‘則結金剛薩埵跏謂以右脚押左。’P536下

これによれば、金剛薩埵は、“半跏趺坐”と書かれており、快慶はこれにのっとって忠実に再現したと思われます。

しかし、金剛薩埵像の他の作例を調べてみると

結跏趺坐像・・・東寺講堂像(五菩薩像の内)、根来寺像、円教寺像
半跏趺坐像・・・金剛峯寺旧金堂像(焼失)

東寺像、金剛峯寺像のように、ほぼ同時代でも、造形形式に違いがあるのはどういうことなのか、この辺のところは、参照儀軌の典拠を改めて検証する必要がありそうです。

Photo_8

Photo_9

東寺伝真言院曼荼羅 金剛界理趣会 金剛薩埵

2012年12月 8日 (土)

『半跏趺坐』再考(作品編)その10

明らかに「結跏趺坐」と判明する仏像(三)

35 法隆寺講堂薬師三尊像(990)
○「修理解説書/6,木造薬師如来及両脇侍坐像(講堂安置) 奈良・法隆寺 」 『日本美術院彫刻等修理記録 Ⅳ(解説)』奈良国立文化財研究所史料 第13冊 1978年3月31日 奈良国立文化財研究所

‘(現状)坐像、漆箔、螺髪、木眼、彩色、木製白毫ツキ。右手屈臂、上掌、左手ヲ膝上ニ安シ、瑠璃壺ヲ持チ、結跏趺坐、右足を以テ左(月+坒)ヲ押ス。’ P5

Photo

36 善水寺薬師如来坐像(992)
○井上正「9,藥師如來像 滋賀 善水寺 」 『日本彫刻史基礎資料集成 平安時代 造像銘記篇1』 1966年6月1日 中央公論美術出版

‘形状 左足を前にして結跏趺坐する。’ P66

Photo_2

37 興福寺薬師如来坐像(1013)
○水野敬三郎「11,藥師如來像 奈良 興福寺 」 『日本彫刻史基礎資料集成 平安時代 造像銘記篇1』 1966年6月1日 中央公論美術出版

‘形状 右足を外にして結跏趺坐する。’ P77

Photo_3

38 平等院阿弥陀如来坐像(1053)
○奥健夫「第一章 概要と沿革/一 概要/3 形状・品質構造 」 『平等院国宝木造阿弥陀如来坐像・国宝木造天蓋修理報告書<本文編>』 2008年3月31日 宗教法人平等院

‘【形状】 1 阿弥陀如来像 〔本躰〕 右足を上にして結跏趺坐する。’ P8

Photo_4

「結跏趺坐」の解説記述がないが、写真等で「結跏趺坐」と判明する仏像


39 永青文庫石造如来形坐像

Photo_5

40 屋島寺千手観音坐像

Photo_6

41 双林寺薬師如来坐像

Photo_7

2012年10月16日 (火)

『半跏趺坐』再考(作品編)その9

明らかに「結跏趺坐」と判明する仏像(二)

28 仁和寺阿弥陀三尊像の内、阿弥陀如来坐像(888)

○田邊三郎助「12,阿彌陀如來及兩脇侍像 京都 仁和寺/形状」『日本彫刻史基礎資料集成』平安時代 重要作品篇4 1982年2月25日 中央公論美術出版

‘形状 阿彌陀如來像 本體 ・・・右足を外にして結跏趺坐する。’ P61

○皿井舞「仁和寺阿弥陀如来及両脇侍像」『週間朝日百科 国宝の美』24 2010年2月7日

‘一方、定印を結んで結跏趺坐し、右肩に衲衣を少しかけるという中尊像の姿は、現存する阿弥陀如来彫像の中で最古のものである。’ P14

Photo

29 慈尊院弥勒仏坐像(892)

○倉田文作「第三章 各時代の特色と作例 平安時代の仏像/作品の7 慈尊院の弥勒仏像 」 『仏像のみかた<技法と表現>』 1965年7月25日 第一法規出版

‘この弥勒像は、螺髪をいただき、衲衣をつけた如來相で、左手は膝の上で掌を仰いで前方に五指をのばし、右手は臂をまげて、掌を前に向けて立て、五指をのばし、右足を外にして結跏趺坐する。’ P170

Photo_2

30 清凉寺阿弥陀三尊像の内、阿弥陀如来坐像(896)

○田辺三郎助「一三 阿彌陀如來及兩脇侍像」『日本彫刻史基礎資料集成』平安時代 重要作品篇 五 1997年11月10日

‘形状 阿彌陀如來像 定印を結び、右足を外にして結跏趺坐する。’ P4

Photo_3

31 東寺観智院五大虚空蔵菩薩坐像

○「【調書】/五大虚空蔵菩薩像 五躰 教王護国寺(東寺)観智院 」 『東寺観智院蔵五大虚空蔵菩薩菩薩像』美術研究作品資料 第二冊 2003年12月10日 中央公論美術出版

‘一、金剛虚空藏菩薩像 形状 本体 右足を前にして結跏趺坐する。’ P79
‘二、宝光虚空蔵菩薩像、三、法界虚空蔵菩薩像、四、蓮華虚空蔵菩薩像、五、業用虚空蔵菩薩像 形状 本体 金剛虚空蔵菩薩像におなじ。’

Photo_4

32 醍醐寺薬師如来坐像

○井上正「解説/醍醐寺藥師堂藥師如來坐像 」 『國華』 71-11(848) 平安彫刻特輯 1962年11月1日 國華社

‘本像は、偏袒右肩に衣をかけ、左掌に藥壺をのせ、第三指少しく曲げ、右手屈臂掌を前にして立て、第二・三指を相捻じ、左足を外にして結跏趺坐する。足先は完全に衣につつまれているが、この形式は、法隆寺五重塔塑像・薬師寺講堂藥師如來像・唐招提寺金堂盧舎那佛像及び獅子窟寺藥師如來像などに見られるところで、本像などはその最下限に近いところに位置するものであろう。傳燈的なものに対する作者の態度の一半を物語っている。’ P522

○水野敬三郎「薬師三尊像」『醍醐寺大観』第1巻 2002年10月29日 岩波書店

‘左手は膝上に仰いで藥壺を載せ、右手は臂を屈し掌を前にして立て、第一・三指を捻じる。左脚を外にして結跏趺坐する。・・・形をやや詳しく見ると、左足を衣(裙か)の内に包んでいるが、この形は中国唐代の像に多く見られ、わが国でもその風を受けて天平時代の唐招提寺金堂盧舎那仏像を始めとする多くの例がある。’ P82

○皿井舞「醍醐寺薬師如来及両脇侍像」『週間朝日百科 国宝の美』24 2010年2月7日

‘中尊像は、左脚を上に結跏趺坐する、いわゆる降魔坐の坐勢をとっており、また上にした左脚先を完全に衣に包んでいる点や左脚部うえにかかる衣端が逆三角形に表される点など、古い要素が随所にみとめられる。’ P24

Photo_5

33 六波羅蜜寺薬師如来坐像

○西川杏太郎「15,十一面觀音菩薩像・四天王像 京都 六波羅蜜寺/附 藥師如來像 」 『日本彫刻史基礎資料集成 平安時代 重要作品篇5』 1997年11月10日 中央公論美術出版

‘形状 本體 右足を外にして結跏趺坐する。’P57

Photo_6

34 岩船寺阿弥陀如来坐像(946)

○丸尾彰三郎「6,阿彌陀如來像 京都 岩船寺 」 『日本彫刻史基礎資料集成 平安時代 造像銘記篇1』 1966年6月1日 中央公論美術出版

‘形状 本體 定印を結び、右足を外にして結跏趺坐する。’ P36

Photo_7

参照ブログ

2012年10月 7日 (日)

『半跏趺坐』再考(作品編)その8

明らかに「結跏趺坐」と判明する仏像(一)

19 葛井寺千手観音坐像

○藤岡穣「葛井寺千手観音菩薩坐像の基礎的データ 」 『特別公開 国宝葛井寺千手観音』 1995.4.10  大阪市立美術館

‘(体勢)頭部をかすかに俯け、上体をやや前傾させる。左脚を外にして結跏趺坐する。’ P41

Photo
上の写真を見ると、右足裏が衣にかくれてふくらんでいるように見える。

20 法隆寺銅造薬師如来坐像(伝峰薬師胎内仏)

○長谷川誠「藥師如來坐像 傳峰藥師胎内佛 」 『奈良六大寺大観 第2巻 法隆寺2』 1968年4月24日 岩波書店

‘八角六重の台座に結跏趺坐した如来形坐像で、像の大きさに比較して、その宝珠形光背はかなり大きめである。’ P67

Photo_2

21 西大寺四仏坐像のうち(阿弥陀如来、宝生如来)

○本間紀男「第Ⅰ部 X線による木心乾漆像の構造・技法・材質 第一章 木心乾漆像の構造・技法・材質/Ⅱ 各像についての研究 西大寺 塔本 四仏 阿弥陀如来・宝生如来 坐像」 『X線による木心乾漆像の研究』〔別冊〕 1987年2月28日 美術出版社 P186~P187・P198~P199

‘左足上にして結跏趺坐する。’

Photo_3Photo_5 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の阿閦如来・釈迦如来は、膝の左側に衣がかかっており、足裏の膨らみも表現していないようであるが、写真では判断できない。

Photo_6Photo_8 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22 東寺講堂五菩薩像(中尊を除く)(839)

○奧健夫「第一章 概要/三 形状/2 五大菩薩(中尊を除く) 」 『教王護国寺所蔵国宝(美術工芸品)木造講堂諸尊二十軀修理報告書 本文編』 2000年3月31日 教王護国寺 P12

‘金剛薩埵 本体 ・・・右足を上に結跏趺坐する。’
‘金剛宝菩薩、金剛法菩薩、金剛業菩薩とも金剛薩埵菩薩に準ずる’

Photo_9Photo_10 

 
 

 

 

 

 

 

 

Photo_11Photo_13
 

 

 

 

 

 

 

23 安祥寺五智如来坐像(859)

○水野敬三郎「10,五智如來像 京都 安祥寺/形状」 『日本彫刻史基礎資料集成 平安時代 重要作品篇4』 1982年2月25日 中央公論美術出版

‘形状 大日如來像 本體 ・・・右足を上に結跏趺坐する。’
‘    阿閦如來像 本體 ・・・右足を外に結跏趺坐する。’
‘    寶生如來像 本體 ・・・阿閦如來像に準ずる。’
‘    無量壽如來像 本體 ・・・阿閦如來像に準ずる。’
‘    不空成就如來像 本體 ・・・ 阿閦如來像に準ずる。’

Photo_14

Photo_18Photo_20 

 

 

 

 

 

 

Photo_23Photo_22 

 

 

 

 

 

 

紺野敏文「仁和寺本五仏図像と安祥寺五智如来像について 」 『佛教藝術』 121  1978年12月15日 毎日新聞社 48p~63p によると、この安祥寺像は「仁和寺本五仏図像」(大正蔵4-4)と像容が一致することを論じています。しかし、この図像と現仏像とを、印相、着衣等について比較して検証していますが、坐法についての検証が抜け落ちています。図像では、大日如来像は、はっきりと二つの足裏を描いており、結跏趺坐に間違いがありません。無量寿如来像が、衣に隠れて一方の足裏を描いていないところは、彫刻と共通しています。その他の仏像は図像では、結跏趺坐か明確ではありません。

Photo_25

24 広隆寺講堂阿弥陀如来坐像(862以前)

○町田甲一「廣隆寺講堂阿彌陀如來坐像」『國華』848 1962年11月1日

‘この臺座上に、單尊の阿彌陀像としては珍らしい下品中生の印相をとって結跏趺坐する佛體は、・・・’ P511

○田邊三郎助「4,阿彌陀如來像 京都 廣隆寺/形状」 『日本彫刻史基礎資料集成 平安時代 重要作品篇2』 1976年10月10日 中央公論美術出版

‘形状 本體 ・・・右足を外にして結跏趺坐する。’ P50

Photo_27

25 東寺西院不動明王坐像

○西川新次「11,不動明王像 京都 敎王護國寺/形状」『日本彫刻史基礎資料集成』平安時代 重要作品篇4 1982年2月25日 中央公論美術出版

‘形状 本體 ・・・右足を外にして結跏趺坐する。’ P34

Photo_30

26 観心寺伝弥勒菩薩坐像(仏眼仏母如来)・伝宝生如来坐像(弥勒如来)

○西川新次・水野敬三郎「附1,傳彌勒菩薩像・附2 傳寶生如來像 觀心寺/形状」『日本彫刻史基礎資料集成』平安時代 重要作品篇3 1977年12月20日 中央公論美術出版

‘附一 傳彌勒菩薩像 形状 本體 ・・・右足を上にして結跏趺坐する。’ P29
‘附二 傳寶生如來像 形状 本體 ・・・その他は傳彌勒菩薩像に準ずる。’ P31

Photo_33Photo_35 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27 金剛峯寺西塔大日如来坐像(887頃)

○西川杏太郎「作品解説 高野山/29,大日如来像 金剛峯寺西塔 」 『全集日本の古寺 16 高野山と吉野・紀伊の古寺』 1985年4月21日 集英社

‘胸前で両手を組み、結跏趺坐する金剛界の大日如来像で、・・・’ P129

Photo_37

参照ブログ

2012年9月 9日 (日)

『半跏趺坐』再考(作品編)その7

実査、写真では「結跏趺坐」か「半跏趺坐」か判定できない仏像(一)

13 東大寺金堂盧舎那仏坐像

Photo
▲筒井英俊校訂『東大寺要録』巻第二 縁起章第二
‘大仏殿碑文
 ・・・・金銅盧舎那佛像一躰。結跏趺坐高五丈三尺五寸。・・・・’P34

▲倉田文作「盧舎那佛坐像」『奈良六大寺大観』10 東大寺二 1968.8.30
‘この、像内の土砂や構架した材のために、とくに本体の下半身の像内の観察はほとんど不可能であり、当初の部分を確認することは容易でないが、外部からの観察による限りでは、当初の面目を伝える部分は、右腋から下腹にかけての部分と、両手の前膊にかかる袖の大半、結跏趺坐する両脚のほぼすべてなどであり、頭部と右手首は、それぞれ明かに元禄および天正時の新造になるものであるとみてよい。’P52

Photo_2
 俯瞰の写真を見ると、右足が表現されていません。東京芸術大学の調査では、その膝前部分は創建当初の部分が残っている箇所です。ということは、半跏趺坐だろうという想像はできます。しかし、これだけ大きな仏像が細部まで詳細に彫刻するのかという疑問がよぎります。創建当初、この部分は省略したのではないかという説も考えられなくもない、とおもいます。

14 新薬師寺薬師如来坐像

Photo_10

▲西川新次「薬師如来坐像」『大和古寺大観』第四巻 1977.2.21
‘両脚は左足を上にして結跏する。’ P32

▲浅井和春「図版解説/1ー3 薬師如来坐像 国宝 新薬師寺 奈良 」 『日本美術全集 第5巻 密教寺院と仏像 平安の建築・彫刻Ⅰ』 1992.8.25  講談社
‘新薬師寺本堂円形土壇の中央、宣字形台座上に左脚を前に結跏趺坐し、左手に薬壺を持つ通形の薬師如来像で、また光背に六化仏を有する一尊七仏薬師の初期の遺品ともいえる。’ P199

▲紺野敏文「12 薬師の呪力を表す木彫像 新薬師寺薬師如来坐像 」 『奈良の仏像』アスキー新書095 2009.2.10  アスキー・メディアワークス
’左手に薬壺(後補)を載せ、右手は斜めにゆったりと構えた施無畏印です。左足を上に結跏趺坐し、大衣を偏袒右肩にまとい、豊かな肉身をのぞかせています。’ P138

Photo_4

 正面から見た様子では、半跏趺坐をおもわせます。しかし、膝前の俯瞰を見ると、左手の袖が膝上にかかっており、その下にかくれて右足裏があるかもしれないという表現方法ですので、判定はできませんでした。

15 神護寺薬師如来坐像(木心乾漆造)

Photo_5
▲浅井和春「31 薬師如来坐像 神護寺」『日本美術全集』第5巻 密教寺院と仏像 1992.8.25 講談社
‘左脚を前に結跏するいわゆる降魔坐は、この時期の薬師に一般的な形といえる.’

▲齋藤望「解説Ⅰ 神護寺/11,薬師如来坐像 」 『新修名宝日本の美術 第8巻 神護寺と室生寺』小学館ギャラリー 1992.2.10  小学館
‘その堂々とした手の構えや、大きな左足裏を見せてゆったりと結跏趺坐する姿態には、落ち着きのなかにも大きさが感じられる。’ P47

 左足が右太股の上にしっかりとのっており、右足が左太股にのるスペースも盛りあがりも見受けられませんが、新薬師寺像と同じく左袖が膝上にかかっており、判定は不可能です。

16 神応寺行教律師坐像

Photo_6

▲長谷洋一「第一節 神応寺行教律師坐像について」『神応寺文化財調査報告書』2001.3.31 八幡市教育委員会
‘神応寺行教律師像は、像高七七.六センチを計り、剃髪、法衣を着し、左足を上にして結跏趺坐する僧形像である。’ P2

 この像は、膝前の奥行きがなく、膝前の衣文も不自然な表現をしており、疑わしいが断定するのはむずかしそうです。

17 室生寺釈迦如来坐像

Photo_7
▲北川桃雄「室生寺の美術/2 彫刻/弥勒堂の二仏像」『室生寺』 1954.9.15 美術出版社
  釈迦如来像 平安初期
   ‘この像は肥った体を衣に包んで、結跏趺坐(坐禅の形)し、右手は与願の印、左手は施無畏の印を示している。’

▲齋藤望「解説Ⅱ 室生寺/59・60,釈迦如来坐像 」 『新修名宝日本の美術 第8巻 神護寺と室生寺』小学館ギャラリー 1992.2.10  小学館
‘大衣を偏袒右肩につけ、右手施無畏、左手与願印として結跏趺坐する。’ P95

▲清水眞澄「會津八一編/作品解説/仏像・仏教美術解説/87 釈迦如来坐像 室生寺 」 『平城遷都1300年記念 奈良の古寺と仏像ー會津八一のうたにのせてー』 2010.4.24  日本経済新聞社
‘本像は、左手の掌を上に向けて膝上におき、右手は屈臂し掌を上にして結跏趺坐している。’ P261

Photo_8
 膝前の奥行きから見ると、右足裏を表現するスペースがなさそうです。左手の袖で隠れているので、判定は不能です。

18 黒石寺薬師如来坐像

Photo_38Photo_40 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲西川新次「二 藥師如來像」『日本彫刻史基礎資料集成』平安時代 造像銘記篇1 1966.6.1
‘形状
  左足を外にして結跏趺坐する。’P13

▲田中恵「第1部 旧江刺郡の主な仏像・文化財 ⅩⅣ 水沢市黒石町/1,黒石寺 (1)薬師如来坐像[379] 」 『江刺の仏像』江刺市文化財調査報告書 1985.3.31  江刺市教育委員会
‘<形制> 肉髻をつくり、螺髪をつくる。白毫を嵌入し、耳朶は環す。三道を彫出し、大衣を偏袒右肩につけ、左足を前にして結跏趺坐する。’ P144

 右足裏を表現していないようですが、詳細に実見していないので、不明としておきます。

このように、正面からみると、片方の足の表現しか見えない仏像がありますが、はっきりと結跏趺坐をしている仏像でも、目線が膝より下から見上げると、内側の足裏が見えないことがあります。そのために、膝前を上から俯瞰して見ないと、結跏趺坐か半跏趺坐かの判定ができません。
また、上記の仏像のように、袖の衣が膝前にかかると、判定が困難になります。膝の曲がり具合で想像することは非常に危険なので、それもできません。判断がつかない仏像もあるということも知っておく必要があるかもしれません。

参照ブログ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ