音楽

2010年7月14日 (水)

花は散りゆく

YouTubeをさがしていると、西田佐知子「エリカの花散るとき」という歌が目にはいりました。久し振りに歌を聞くと、なつかしくおもいます。

Photo_2

一 青い海を見つめて
  伊豆の山かげ
  エリカの花は 咲くという
  別れたひと~ ふるさとを
  たずねてひとり 旅をゆく
  エリカ エリカの花の咲く村に
  行けばもいちど 逢えるかと・・・

二 山をいくつ越えても
  うすい紅いろ
  エリカの花は まだ見えぬ
  悲しい恋に 泣きながら
  夕日を 今日も見送った
  エリカ エリカの花はどこに咲く
  径は はるばる つづくのに・・・

三 空の雲に 聞きたい
  海のかもめに
  エリカの花の 咲くところ
  逢えなくなって なおさらに
  烈しく燃える 恋ごころ
  エリカ エリカの花が散るときは
  恋に わたしが 死ぬときよ・・・

この鼻にかかったねばりが何ともいえませんな。これこそが、西田佐知子なのでしょう。

そして、いくつかYouTubeで聞いていると、今までと毛色の変わったメロディーの歌に行き当たりました。

Photo_3

「花は散りゆく」という歌です。

一 花ちれば 花に愁い
  風ふけば 風に涙
   託したい 女ごころ
  愛しても 遠ざかる 人ゆえ
  哀しみは 胸ふかく・・・

二 一ひらの 花はちって
  またひらく 春もあるの
   夢もない 恋のさだ
  泣きぬれて 一人行く さすらい
  この道は はてもなく・・・

三 花ちれば のこる移り
  恋去れば のこる想い
   抱きしめて たどる旅路
  幸せに そむかれた 女に
  ふる星も 影さむく・・・

歌詞を読んでみると、救いようのない失恋の歌です。しかし、これがたまりません。

そんなわけで、この2つの曲が入っているCDをさがすと、「西田佐知子歌謡大全集」にしか入ってなく、しかたなく、通販で買ってしまいました。

Photo_4

2008年6月19日 (木)

中島みゆき

 今年3月頃だったろうか、中島みゆきを聴きたくなったので、レコード店にいってCD「Singles 2000]を買ってきた。別に中島みゆきに思い入れがあったわけではないし、今までその歌に感動したこともなかった。このCDの最初の曲は例の「地上の星」。ちまたによく曲が流れていたので、何となくイメージがあった。その次が「ヘッドライト・テールライト」。これもNHKのプロジェクトXのエンディングに流れていたので、なんとなく聴いていて、ああそうかといった感じだった。ところが、最後の曲「ファイト!」これを聴いて愕然とした。

♪私の敵は 私です ♪闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう 

自分の心の中を見透かされているかのような歌詞だ。今まで、それほど音楽には興味がなく、たまたま感動した歌があるとCDを買うくらいだったのだが、この中島みゆきの歌は、聴いていて決して心地よい歌ばかりではない。叫びに似て、腹からうなっているような歌い方は、ちっとも心地よさが伝わってこなかった。
そのうちに、もっと違う曲を聴きたくなり、CDを数枚買ってきて、6連奏のカセットに入れて、聞き流していた。初めは、うなっているような歌が多くて、何かうるささを感じていたのが、段々とそのうるささが消え、いつのまにか引き込まれていって、それが心地よさにかわっていくのが感じられるようになってしまった。
中島みゆきはテレビには滅多にでないので、その人となりが想像つかなかった。ちょうどそのとき、去年のコンサートツアーのDVDがでることを聞いたので、さっそく買って見ることにした。

Photo
このDVDを見て、ステージで歌っている中島みゆきの狂気にちかいすごさに圧倒されてしまった。中島みゆきという人ではなく、歌手としてのすばらしさに感動してしまった。私たちに、非日常のすばらしさを体験させてくれたのだ。背筋をのばして、歌っているときの手の仕草、その表情、どれをとっても日常の普段の生活感がかんじられない程、またそれを想像させない動きなのだ。当然、それは、演技であり、演出のなせる技なのだろうが、それを視聴者にみじんも見せない。そんな中島みゆきの普段の素顔を決して我々に見せてほしくはなかった。曲の合間に白黒の映像で、コンサートの舞台裏を見せているが、そんなのは必要なかった。むしろ、普段の中島みゆきなんか見たくはないのである。ステージに立った、凛とした非日常の中島みゆきが見たいのだ。決して、我々に近づいてきてほしくないのである。ただただ手の届かない遠くにいる歌手でいてほしいのである。

Photo_2

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ