« 霊木化現という考え方 | トップページ | 奈良3日の旅 »

2010年4月24日 (土)

早苗のおばちゃん

夢さんのブログに「早苗のおばさんの訃報」という題で、早苗のおばちゃんが去年なくなったことを書いていました。

Photo

私が麻雀をおぼえたのは、おそらく大学に入ってからだとおもいます。父が麻雀をやっており、家庭でもやっていたので、少しは知識があったかもしれません。雀荘でクラブの同輩や先輩のやっているのを後ろで見ながら、おぼえたのだろうとおもいます。その頃の大学生の遊びは麻雀が全盛でした。面子が集まれば、すぐに雀荘へ直行でした。

いつも行っていたのが、大学の門の前にあった『早苗』でした。『早苗』はご主人と息子とおばちゃんの3人家族で、息子がまだ中学生くらいだったとおもいます。旦那は朝から酒を飲んでいたりして、ろくに仕事もしていないようでした。雀荘の切り盛りから、家族の食事の世話など、すべておばちゃんがてきぱきと仕切っていました。ときには面子が足りないと、いっしょに雀卓を囲みました。

おばちゃんの麻雀は、格段にうまいというわけではないのですが、時には大勝したり、また負けることもあって、いわゆる接待麻雀ではなく、いっしょに楽しんで打ってくれました。

雀卓が満杯のときは、2階の居間まで使わしてくれました。もう家庭のありのままをすべて解放しているようでした。

そこが、おばちゃんの人気のあったところだとおもいます。何か母親のような暖かさと、友達のような気楽さを持ち合わせていました。おばちゃんには、ずいぶんと無理を言ったり、わがままをしましたが、すこしも嫌な顔を見たことがありませんでした。

我々が麻雀を打っていてお昼になると必ず、「メルシーのラーメン」か「尾張屋のランチ」を出前で取りました。とくに「尾張屋」の出前のあんちゃんは、出前にくると、我々の仲間だった鎌田がランチを食べる間、そのあんちゃんに麻雀を代わりにさせていました。

雀荘は、我々の大事なコミュニケーションの場でした。バクチですから、多少の金銭のやりとりもあるので、それぞれの性格がでてきます。また、同級だけではなく、先輩や後輩とも卓をかこみましたから、上下関係のコミュニケーションも取れました。私が2年のときは、大学がロックアウトされて授業がほとんどなく、時間をもてあそんでいた時期だったこともあったので、思う存分やっていました。

5,6年前でしたか、クラブのOB会の始まる前に『早苗』に集合しようと声をかけると、お昼ごろ三々五々、昔の仲間が集まってきました。おばちゃんは、昔の雀仲間をひとりひとりおぼえていてくれました。もう昔とちがって、雀卓が埋まるほど、お客はきていないようでした。おばちゃんは昔と少しもかわらず、よろこんでくれました。

もう麻雀のブームは去って久しいのに、昔の客が尋ねてくれるのを待っているために、雀荘を開けているようでした。

その後、OB会の始まる前に、『早苗』によると、鍵がかかっていました。去年の11月に行われたOB会のときも、誰かいる気配がありませんでした。

どうしたんだろう?と気になっていました。

« 霊木化現という考え方 | トップページ | 奈良3日の旅 »

人物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 霊木化現という考え方 | トップページ | 奈良3日の旅 »

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ