« 今年見た銅像 | トップページ | 伊達藩下屋敷の板ガラス »

2012年1月 2日 (月)

新春の東博

Photo_2

 新年あけましておめでとうございます。

  本年もご贔屓の程よろしくおねがいいたします。

新春の第一弾は、初詣と、運動をかねて、東博へ行ってきました。開館早々に行けば、特別展の『北京故宮博物院200選』展をゆっくりと見られるかと思いきや、すでに長蛇の列。入場には、40~50分待ちとのこと。

 

 

 

 

 

Photo

何も今日見なくても、パスポートのハンコ欄にまだ空きがあることだし、すぐにパスしました。

それで、平常展で彫刻で目新しいのが展示されているのか、彫刻室を覗いてみました。

すると、例によって、腰布とその上に腰巻ストールをしている、不動明王立像がありました。この手の着衣方法は、平安後期には、すでにメジャーになっていたようです。

 

 

 

 

 

Photo_3

本館では、今年が東博140周年だということと初日だけあって、さまざまなイベントがおこなわれていました。

まずは、1階で、特別展にあわせて紫禁城の映像を上映していました。画面がタテ2.7m×ヨコ12mの大スクリーンに映し出された映像は、すべてCGでした。たしかにVR(バーチャル・リアリティ)映像なのでしょうが、願わくば本物を見たかった。

 

 

 

Photo_4

また、新春イベントとして、浅草寺の金龍の舞の披露がありました。本館の階段から、平成館の前庭での演技は、たくさんの見物客で、よく見えませんでした。

しかし、こんなめでたい時に、館長との記念写真はないでしょう。だれが客なのかわかっているのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_5

東博では、本館2階中央の貴賓室を公開していました。この部屋ははじめて見ました。

 

 

 

 

 

 

Photo_6

そんなこんなで、人混みを避けて、輪王寺根本中堂で、やっと初詣を済まして、帰宅の途につきました。

 

 

 

 

 

 

Photo_7
去年大晦日の東京スカイツリーのライトアップ。いまいちですな。

« 今年見た銅像 | トップページ | 伊達藩下屋敷の板ガラス »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年見た銅像 | トップページ | 伊達藩下屋敷の板ガラス »