« 日本近代の板ガラスから立花大正民家園へ | トップページ | イッタラ展 »

2022年5月 2日 (月)

橋本の香(旧三桝楼)のステンドグラス

2601 

 八幡市の橋本遊郭の中にある建物です。最近、リノベーションして、旅館として営業しています。
見学をしてきました。この2軒となりには、多津美旅館があります。
まずは、2階の内部窓とランマにステンドグラスがあります。ガラスの種類は、色ガラスと無色の型ガラスで構成されています。
色ガラスは、型ガラスで色つきのもの、単なる色ガラス、乳白ガラスなど多彩な種類で作られています。また、無色の型ガラスも
数種類の型模様を使っています。
この建物の竣工が昭和10年頃(1935)ということなので、ひょっとして、ダイヤ、石目は国産の可能性はありますが、
その他のガラスは、色ガラスをふくめて、型ガラスは舶来ということになります。
かなり未見の型模様が見られました。
1階の出窓にも、同じようなデザインのステンドグラスがあります。これも2階と同様、さまざまな型模様のガラスをつかっています。
ここは、中庭に面しているのですが、型模様の凸凹は外部にはめています。
まずは2階から、

260620301 260720402

2階客室窓

261020101

26112022613204

26152062617208

26192102621212

2階ランマ

26332011

26342022
1階出窓

2649101

26501020

2651103 2652104 2653105 
型模様

2604201 260920604 262721801 262821902 262922003 263022104 263122205 263222306 267012101 267112202 267112204 267212305 267312406 267412507 267512608 267612709

2632122407

2684101

美香茶楼(旧第二友栄楼)玄関

2686 268601 268702 268803 268904

« 日本近代の板ガラスから立花大正民家園へ | トップページ | イッタラ展 »

ステンドグラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本近代の板ガラスから立花大正民家園へ | トップページ | イッタラ展 »

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ